AIに仕事を奪われないためのサラリーマン経理・総務の働き方を模索するサイトです

経理と総務の効率化

定期的に勉強会や交流会を開催!


2019年5月31日「経理雑談交流会」を開催します。
申込みはこちらから→「こくちーずプロ

ワークフロークラウド

フォーム設計でのポイント

更新日:

私の場合、ほぼ完成したタイミングで、フォームを大きく作り直しをしました

というのもフィールドには一つ一つIDがついています
このIDというのはそのフィールドを一意に認識するもので、同一フォーム上に同一のIDフィールドはありません
別のフォームであれば同一のIDフィールドは使えます

作り直しをしたのは、別フォーム間での情報を同じとするフィールドのIDを統一するためです

例えば・・・
AフォームとBフォームの2つのフォームがあります
AフォームとBフォームには「案件番号」という同一情報があります

この時
Aフォームの「案件番号」のフィールドIDはA001
Bフォームの「案件番号」のフィールドIDはB001
だとフォーム連携という機能を使う場合に、設定する時に手間が生じます
(詳しくはまた別の記事で説明します)

またデータベース上のデータを利用する場合でも同一情報は同一IDを付しておく方がデータ使う場合に色々と都合が良いようです
(まだデータベースのデータを加工したりしていないので、まだわかりませんが・・・)

03投稿記事下_関連コンテンツ

-ワークフロークラウド
-

Copyright© 経理と総務の効率化 , 2019 All Rights Reserved.