AIに仕事を奪われないためのサラリーマン経理・総務の働き方を模索するサイトです

経理と総務の効率化

定期的に勉強会や交流会を開催!


2019年3月20日「経理の副業」をテーマに開催しました。
次回は4月下旬を予定しています。

簿記3級練習問題

簿記3級決算整理練習問題:現金過不足

更新日:

練習問題

問1:決算になり、現金過不足の勘定残高が貸方に500円にある。原因不明のため適切な勘定科目に振り替える。

問2:決算になり、現金過不足の勘定残高が借方に500円ある。うち300円は切手を購入した仕訳の漏れであった。残りの原因は不明であるため適切な勘定科目に振り替える。

スポンサードリンク



解答解説

問1

借方科目 - 借方金額 - 貸方科目 - 貸方金額 -
現金過不足

500

雑収入

500

現金過不足は決算においては0円にする。

原因不明で現金が500円多い。

「多い=得した」というイメージから収益が発生していると考え、貸方に雑収入500円で仕訳。

※雑収入は雑益でもOK

問2

借方科目 - 借方金額 - 貸方科目 - 貸方金額 -
通信費

300

現金過不足

500

雑損失

200

   

原因不明で現金が500円少ない。

そのうち、300円分は原因が通信費と判明したため、費用の発生の仕訳。

「少ない=損した」というイメージから損失が発生していると考え、借方に座損失200円で仕訳。

03投稿記事下_関連コンテンツ

-簿記3級練習問題
-

Copyright© 経理と総務の効率化 , 2019 All Rights Reserved.