AIに仕事を奪われないためのサラリーマン経理・総務の働き方を模索するサイトです

経理と総務の効率化

定期的に勉強会や交流会を開催!


2019年6月21日に「経理雑談交流会」を開催します。
参加申し込みはこちらから→「こくちーずプロ

ブログ運営

会社員のためのブログ講座-効率的にブログを書く方法とコツ

更新日:

この記事ではブログの効率的な書き方について紹介します。
いざブログを始めようと思っても、何を書けばいいのかどうやって書けばいいのか悩むでしょう。

また自分の書いたブログなんて読む人いないと思う人もいるでしょう。
しかし、あなたが誰であろうと読みたいと思うブログはあります。

それは自分の問題の解決方法が書かれているブログです。
あなたが誰であろうと検索で出てきた記事のタイトルが、自分の望んでいるものであれば確実に読まれます。

ただ読みやすい文章や読まれやすい文章はあります。
文章力が重要なのかと思ってしまいがちですが、文章の型を身につければ比較的容易に書くことができます。

まずは文章の型を身につけて、効率的にブログを書けるようにしましょう。

スポンサーリンク

ブログ執筆の武器「文章の型」

まず記事の書き方ですが、文章の型を利用しましょう。
最初に全体像が決まりますので非常に書きやすくなります。

文章の型は3つで構成されます。

1.導入文
2.解決策や手順①
解決策や手順②-1
解決策や手順②-2
解決策や手順③
3.まとめ

「導入文」と「まとめ」は1つ、「解決策」や「手順」は複数&階層になるのがほとんどです。

次にそれぞれについてもう少し丁寧に説明していきましょう。

導入文の章

まず最初に導入文を決めましょう。
導入文を最初に決めるのは、書き手・読み手双方にとっていい効果があります。

書き手にとっては何を書くのか明確になります。
文を書いていると脱線することが多々あります。

読み手にとっては何について書かれているのかが明確になります。
読み手の多くはgoogleなどで検索したタイトルを見て、クリックし記事を開きます。

この段階ではタイトルだけで判断しているので、自分の欲しい情報だと思ってもらう導入文を用意することで、最後まで読んでくれる確率が高まるわけです。

導入文の型

文章の型があるように導入文にも型があります。

問題の提示:この記事ではAについて紹介します。
問題の共感:AってBですよね。
解決策の提示:CでAを解決しましょう。

Aは問題や悩みなどを書きます。
Bは「大変ですよね」や「面倒ですよね」「難しいですよね」といった共感のする言葉を入れます。
CはAを解決する方法や手段などを入れます。

解決策や手順の章

さて導入文ができたら、次は解決策や手順です。
記事に厚みを持たせるのはこの部分になります。

一番に心がけることは「伝える」ことです。
私の場合Excelの記事を結構書いているのですが、操作手順を伝える場合はキャプチャを多用しています。
それはキャプチャがある方が文字だけよりも伝わりやすいからです。

自分自身の置き換えて考えると、できるだけ時間をかけずに読みたいと思うので、文字が多いと検索画面に戻って、別の記事を探すことも多々あります。

理想としては図だけで伝わるように書くことです。
ただ図だけではgoogleが中身のないと判断してしまう可能性があるので、文章でも書きます。

解決策や手順の型

主に「一覧型」と「手順型」の2つを使います。

「一覧型」は個々の方法をリストアップする形で書くのに利用します。
記事のタイトルに「絶対身につけたいExcelショートカットキー10選」といったように数字が入る場合、「一覧型」を利用する場合が多いです。

記事「ブログを書くことの5つのメリット」の場合

1.仕事に前向きになる
2.会社の評価も上がる
3.伝える能力が上がる
4.履歴書となる
5.お金が稼げる

「手順型」は1つの方法を丁寧に説明するのに利用します。
記事のタイトルに「ExcelをCSVに変換する方法」といったように「方法」といったものが入る場合、「手順型」を利用する場合が多いです。

記事「CSVをExcelで開くと文字列が数値(文字化け)になるのを防ぐ方法」の場合

1.メニュー「テキストファイル」を実行する
2.インポートする
3.区切り文字を設定する
4.カンマを選択する
5.列のデータ形式を設定する
6.表示させたい場所を設定する

まとめの章

まとめはしつこくならないようにサラッとした内容でOKです。

最初の一文は導入文をそのまま使いましょう。

例えばこの記事の場合
『この記事ではブログの書き方について紹介します』

これをまとめでは
『この記事ではブログの書き方について紹介しました

見ての通り、語尾を「ます」を「ました」としただけです。

最後に行動を促す一言を加えます。
今回の記事であれば
『ではさっそくこの型にそってブログ記事を1つ今日中に書いてみましょう。』
といった感じですかね。

もし付け加えるたいことがあれば、最初の一文と行動を促す一文の間にはさみましょう。

まとめ

この記事ではブログの書き方について紹介しました。

他にもブログのコツはありますが、まずは文章の型を学びましょう。

文章の型を身につけて、効率的にブログを書けるようになりましょう。

03投稿記事下_関連コンテンツ

-ブログ運営

Copyright© 経理と総務の効率化 , 2019 All Rights Reserved.