AIに仕事を奪われないためのサラリーマン経理・総務の働き方を模索するサイトです

経理と総務の効率化

定期的に勉強会や交流会を開催!


2019年3月20日「経理の副業」をテーマに開催しました。
次回は4月下旬を予定しています。

Excelの押えておきたい関数

複数の条件をすべて満たす場合で返す値を判定する関数:ifとand

更新日:

関数名:and[アンド]とif[イフ]

関数式:=IF(AND(論理式1,論理式1),真の場合,偽の場合)

サンプル式:IF(AND(F2>60,E2>200),"合格","不合格")

関数式の概要:F2>60とE2>200の2つとも真の場合"合格"を表示。偽の場合"不合格"を表示。

関数式の説明
F2の値は70。E2の値は210

F2が60よりも大きい70なのでTRUE
E2が200よりも大きい210なのでTRUE

どちらもTRUEなのでG2にはTRUEが返される

TRUEが返される=真の場合
真の場合なので"合格"と表示される

03投稿記事下_関連コンテンツ

-Excelの押えておきたい関数
-

Copyright© 経理と総務の効率化 , 2019 All Rights Reserved.