AIに仕事を奪われないためのサラリーマン経理・総務の働き方を模索するサイトです

経理と総務の効率化

定期的に勉強会や交流会を開催!


2019年6月21日に「経理雑談交流会」を開催しました。
次回は未定です「こくちーずプロ

働き方・考え方

エイプリルフールの広告効果とそれに感じるリア充感

更新日:

嘘っぽい街。嘘っぽい街。 / amadeusrecord

-
私はエイプリルフールだからといって嘘はつきません。
エイプリルフールに乗って嘘をつくのが小恥ずかしい。
昔から流行りモノに乗るのがどうも苦手。
でも昔はエイプリルフールの乗っかって嘘言ってたりはしてたんですけどね。

しかし、今はどうも恥ずかしい。

それはエイプリルフールで嘘をつく事に対して、なんだかおしゃれ感が出てきている感じがするからだと思われる。
エイプリルフールでつく嘘なんて、半径5メートルくらいの友達にやるものだと思っていたものが、もはやそうじゃない。
企業はそれ用のウエブページを作ってる。
エイプリルフールのために何日も前から作成していると思うと、なんかひいてしまう。

なぜ会社がお金(人員)を使ってまでエイプリルフールページを作るのか?
広告効果を狙ってのもなのかと考えた。
以前だったらそうだったかもしれないが、今やそんなに珍しくないのでそんな効果があるようには思えない。
探してみたらこんな事を調べている人がいました。
被リンクを集めるSEO効果からみるエイプリルフールネタの費用対効果(ROI)

ちなみに
今年のエイプリルフールのまとめ
けっこうな数です。

そうなると考えてしまうのはリア充感の演出。
「うちの会社はこんなにユニークなことをしている会社ですよ!」
というのをアピールしているように思えて。

なんてうがった見方をしてしまうのは、私の心がひねくれているからだけなんですけどね。
あとはそっち側に行きたいけど行けない私の嫉妬心ですね。
伊集院光さんならわかってくれる気がします。

そこで気になるのが、去年はやったけど、今年はやらなかった企業。
なんらかの理由があってやらなかったのであれば理由が知りたいですねー

03投稿記事下_関連コンテンツ

-働き方・考え方

Copyright© 経理と総務の効率化 , 2019 All Rights Reserved.