確定申告の基礎

確定申告は帳簿のつながりの理解が大切

投稿日:

確定申告の目的は

目的は「税金」を計算することです。

会社員の場合、会社が給与から天引きして税金を納めるので、基本的には確定申告の必要はありません。
(会社員でも確定申告をしなければならないケースや、した方がいいケースがあります。)
それに対して個人事業主や法人は、自ら儲け(所得)を計算して「税金」を納付します。

その計算式が複雑です。

例えば、収入に対して一律10%だったらわかりやすいです。
計算式にしたらこんな感じですね。
収入×10%=税金

でも実際の計算式(個人事業主の事業所得の場合)は
A:収入 − 経費 = 事業所得
B:事業所得 − 所得控除 = 課税所得
C:課税所得 × 税率 − 控除額 = 課税される所得金額に対する税額
D:課税される所得金額に対する税額 − 税額控除 = 年税額

・・・くらくらしますね。

しかも「収入」や「経費」はいくつもの取引の集計値なので、それを1つ1つ記録した帳簿(仕訳帳)が必要となります。

また「所得控除」には、扶養家族がいる場合、保険に入っている場合、寄付をしているかなどによって、あったりなかったりします。

そして「課税される所得金額に対する税額」は課税所得によって計算式が変わるので、まためんどくさいのです。

そうなると、やっぱり税理士など専門家に任せた方がいいのかなと思うかもしれません。

しかし、個人事業主の確定申告は自分でやった方がいいです。
あまり規模が大きくないうちに、お金がどのように流れ、どのようなものに費用がかかっているのかなどを知っておいた方がいいからです。

将来外部へ依頼するとしても、どこの数字を見るべきかの勘所を身に着けておくためにも、最初は自分でやっておく方がいいです。

確定申告書の第一表から作成してはダメ

確定申告書の作成には、どのようなステップで計算して、どの帳簿のどの数字でつながっているのか理解しておくことがポイントです。

確定申告の一枚目はこのようになっています。

しかし、ここから作成を始めてはいけません。
これは最後に手を付けるべきものです。
他の書類で集計した結果がここに集約されていきます。

まずは簡単な作成順序を説明しましょう。

簿記で勉強する手順だとこんな感じです。
①仕訳帳→②総勘定元帳→③残高試算表(精算表)→④青色申告決算書→⑤確定申告書

確定申告書が作成されるのは最後のステップです。
集計するには元となる情報が重要で、「青色申告決算書」がそれであり、さらに上位に「仕訳帳」があるわけです。
「仕訳帳」なしに確定申告書を作成することはできません。
つまり「仕訳」を「正確に」そして「効率的に」処理するかが何よりも重要なのです。

補足:固定資産台帳の作成
上記フローでは省略しましたが、領収書や請求書の金額を費用としない取引があります。
その代表的なものが「固定資産」であり「減価償却費」です。
「減価償却費」を簡単に説明すると、長期にわたって利用する一定金額以上のモノについては、購入時に一括で費用化するのではなく、長期にわたり費用として処理する方法をいいます。
減価償却費とは?

処理方法としては、固定資産台帳に記録しそこから減価償却費を計算して仕訳する流れです。
仕訳帳よりも前にあるイメージです。

決算書は仕訳の集計値

③残高試算表の値を「決算書(青色申告決算書)」に記入していきます。
青色申告決算書は4枚で構成されており、1枚目が損益計算書、2~3枚目が1枚目のいくつかの内訳、4枚目が貸借対照表となっています。

1枚目

2枚目

3枚目

4枚目

青色申告決算書の作成が完了したら、確定申告書の作成に取り掛かります。

確定申告書は第二表から作成する

上記で紹介した計算式を再掲します。
A:収入 − 経費 = 事業所得
B:事業所得 − 所得控除 = 課税所得
C:課税所得 × 税率 − 控除額 = 課税される所得金額に対する税額
D:課税される所得金額に対する税額 − 税額控除 = 年税額

青色申告決算書が作成できれば、式A「収入 − 経費 = 事業所得」までは終了しています。
赤枠の部分

よって、式B「事業所得 − 所得控除 = 課税所得」の所得控除から考えればいいのです。
所得控除は申告書の第二表の右側が各種控除項目になります。

赤枠の部分

ここに入力した合計額を第一表へと転記します。

事業専従者に関する事項

事業専従者に関する事項は、なぜこんなに書かせるんだと思うほど多いです。

赤枠の部分

青色申告決算書も申告書も1枚目は合計、2枚目で内訳を記載するといった感じになっています。

最後に第一表の左側「税金の計算」

第二表が完成したのちに第一表の作成に取り掛かります。
左半分は他の書類で済んでいるので、右半分を記入します。

課税される所得金額に対する税額

C:課税所得 × 税率 − 控除額 = 課税される所得金額に対する税額

年税額

D:課税される所得金額に対する税額 − 税額控除 = 年税額

クラウド確定申告がおすすめ

さて、ここまで確定申告書の流れを見てきましたが、面倒くさいですよね。
やることが多すぎて、慣れていない人にとっては、どこかに記入漏れがあるのではと考えてしまうのではないでしょうか。

①仕訳するのが楽になる
②仕訳を入力すれば決算書は作成される
③訂正すれば他も自動で訂正される
④確定申告書は作成フローにしたがって入力するだけ

仕訳するのが楽になる

各種帳簿や決算書というのは日々の仕訳の集計値です。
そして「仕訳帳」なしに最終書類である確定申告書を作成することはできません。
つまり「仕訳」を「正確に」そして「効率的に」処理するかが何よりも重要なのです。

「クラウド確定申告」は、外部サービスと連携し、日々の取引データを取り込んで仕訳をしてくれる機能がウリです。
仕訳を行う上で手間なのが取引情報を集めることです。
外部サービスと連携して取引データを取得できれば、入力間違いなどが起こることもありませんので、「正確」で「効率的」で非常に便利なのです。
つまり、外部サービスといかに連携させるかどうかが「クラウド確定申告」をより効果的に利用するポイントとなります。

仕訳を入力すれば決算書は作成される

「クラウド確定申告」に限らず確定申告ソフトを利用すれば、仕訳がきちんとできれば、総勘定元帳や残高試算表、決算書は自動的に作成されます。

仕訳帳さえきちんと作成すればいいのです。

また確定申告書の一部も自動的に作成されます。

訂正すれば他も自動で訂正される

②の説明の逆説的なものなのですが、色々な帳簿や書類とつながっているので、間違いを発見して訂正した場合、他の帳簿や書類も自動的に訂正されます。
より正確に言うなら、訂正を行うのは仕訳帳の仕訳で、その他の帳簿などは仕訳を集計したものですので、自動的に訂正されるわけです。

確定申告書は作成フローにしたがって入力するだけ

多くの確定申告ソフトは青色申告決算書が完成するば、確定申告書の部分について、作成フローに従って入力していけばいいので非常に楽です。

おすすめのクラウド確定申告サービスは?

MFクラウド freee 補足
経理の知識がある場合 freeeは経理知識がある人は困惑するかも
外部との連携 クラウドといえば外部連携。どちらも多い
無料お試し期間 45日 30日
料金(年間プラン) 0~17,200 9,800~39,800 MFクラウドは17,200円だと電話サポート付

 

サポート メール,チャット、電話 メール,チャット
おすすめポイント 無料プランと無料お試し期間が長い これから個人事業主になる人には開業freeeが便利


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-確定申告の基礎
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.