「 解説 」 一覧

no image

会社の数字を理解する重要なキーワード「発生主義」と「費用収益対応の原則」を解説

会社の数字を読むのに、理解しておかなければならない会計の考え方がいくつもあります。 その中でも重要なキーワードに「発生主義」と「費用収益対応の原則」があります。 とりあえずこの2点を理解しておきましょ ...

no image

決算整理仕訳:有価証券の評価替え

有価証券の決算整理仕訳は、有価証券の評価替えを行う事です。 有価証券の評価替えとは、(売買目的)有価証券の帳簿価額を、決算時の時価(期末時価)で計算し直す事をいいます。 帳簿価額と時価との差額は、有価 ...

no image

決算整理仕訳:消耗品

消耗品とは、文房具やコピー用紙など、単価が安く、短期間に使ってなくなってしまうものをいいます。 これら消耗品は、残っていれば資産、使えば費用となります。 資産の場合の勘定科目・・・消耗品 費用の場合の ...

no image

勘定科目:受取利息と支払利息

受取利息 お金を貸している場合、利息を受け取る事ができます。 受取利息は「収益」で、受け取ったら貸方に記入します。 利息の金額は以下の3要件で計算されます。 ①貸付金額 ②お金を貸し付けている期間 ③ ...

no image

勘定科目:貸付金と借入金

貸付金 貸付金とはお金を貸した場合に使用する勘定科目です。 貸し付けたお金=「貸付金」 貸付金は将来返済してもらえるお金なので、「資産」です。 例題:取引先A社に100円を現金で貸した。 借方科目 借 ...

no image

勘定科目:「仮受金」

仮受金 文字の通り「仮に受け取ったお金」の事をいいます。 内容が不明のお金の受入があった場合、内容が判明するまで一時的に処理する科目です。 実務上でよくあるケースだと・・・ スポンサーリンク 通帳やネ ...

no image

勘定科目:「立替金」

立替金とは 本来会社が負担すべきでないものを会社が代わりに払った場合、立替金で処理します。 後でお金を受け取る事ができる権利なので「資産」です。

no image

勘定科目:「預り金」

預り金 一時的に預かっているお金は「預り金」で処理します。 どんな預り金があるか? 会社で働いている人の場合「社会保険料」「所得税」「住民税」といった預り金があります。 給与明細で見るとこんな感じです ...

no image

勘定科目:「約束手形」

約束手形 手形とは「誰が、誰に、いつ、いくらを支払う」ということが書かれた有価証券です。 売上代金の回収や仕入代金の支払に利用されます。 スポンサーリンク 手形の種類は2種類 「約束手形」と「為替手形 ...

no image

勘定科目:「当座借越」

当座預金 振り出した小切手は当座預金から支払われます。 ですので、当座預金にお金がなければ、小切手を振り出す事はできません。 しかし、当座借越契約を結んでおくと、当座預金にお金がなくても、契約内の金額 ...

no image

勘定科目:「当座預金」

当座預金とは 1.預金の引き出しに小切手や手形を利用する 2.利息がつかない ※簿記3級で押さえておくべきは、1の特徴である仕入代金等の決済機能です。

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 AllRights Reserved.