AIに仕事を奪われないためのサラリーマン経理・総務の働き方を模索するサイトです

経理と総務の効率化

定期的に勉強会や交流会を開催!


2019年3月20日「経理の副業」をテーマに開催します。
申し込みはこちらから→こくちーずプロ

総務実務

賞与から住民税が引かれない理由

更新日:

賞与明細を見るといつもより差し引かれている項目が少ないのがわかります。

何が少ないかというと、「住民税」です。

「所得税」は引かれているのに、「住民税」は引かれていない。
理由は「住民税」と「所得税」の納付方法の違いにあります。

住民税は年間所得金額確定確定支払い
所得税は年間所得金額確定概算支払い後精算

住民税は年間所得が確定後、各市区町村で住民税を計算し、会社に対して給与受給者(特別徴収者)からお金を徴収してくださいと明細が送られます。
明細には月々いくら徴収してくださいという事が書かれています。

月々の給与から住民税を徴収するので、賞与から住民税を徴収する必要がありません。

それに対して所得税は確定前の概算支払なので、賞与支給時に所得税が計算され徴収されます。

03投稿記事下_関連コンテンツ

-総務実務
-,

Copyright© 経理と総務の効率化 , 2019 All Rights Reserved.