税金関係のメモ サラリーマン・OL

毎月の所得税はどう決まる?「給与明細の見方」

更新日:

毎月ひかれるものに所得税があります。
この所得税がどう計算されて決まるか知っていますか?
確定申告にもつながるものなので、知っておいても損はないので一読ください。

結論から述べると
毎月ひかれる所得税は課税対象金額で決まる

スポンサーリンク

  1. 給与明細に載っている課税対象額を確認する
  2. 給与所得の源泉徴収税額表(月額)の左側(その月の社会保険料等控除後の給与等の金額)の①で確認した課税対象額を当てはめる。※リンク先は国税庁の作成のPDFです。
  3. 右へスライドして扶養親族等の数で当てはまる金額を探す

その金額が給与から引かれる所得税額です。

ではもう少し丁寧に説明をしましょう。
給与明細は主に3つの項目で構成されています。
図1

①出勤日数や出勤時間等の時間に関する項目
②基本給や手当等の支給項目
③保険料や税金等の控除項目

この中で②と③を見ます。

②でのポイントは非課税支給項目です。
代表的なものだと「通勤手当」
図1の青色の部分・・・A
他にも「宿日直料(4,000円まで)」などがあります。その他にもありますが、ここでは割愛します。

③でのポイントは社会保険料項目です。
「健康保険料」「介護保険料」「厚生年金保険料」「雇用保険料」
図1での緑色の部分・・・B

A(非課税支給額) + B(社会保険料) = C(控除合計)
総支給合計額 − C(控除合計) = 課税対象金額
このように計算した金額が課税対象金額です。

図で説明するとこんな感じです。

住民税はこちらで書いています。→「毎月の住民税にどう決まる?

フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-税金関係のメモ, サラリーマン・OL
-, , , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.