会計と簿記の基礎知識

04計上とは?

投稿日:2017年11月1日 更新日:

会計の説明の中でよく出てくる言葉に「計上」というものがあります。

意味は
「売上や費用などを計算の中に組み入れること」
「計算に組み入れること」

会計においての「計上」とは、決算書などの集計資料に反映させることです。

事業ではモノを売ったり買ったり、サービスを提供したり提供されたりとさまざまな「取引」が生じます。
この「取引」を記録する方法を「仕訳」といいます。

まとめ

「仕訳すること」=「計上」
と考えてください。

フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-会計と簿記の基礎知識
-

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.