簿記3級練習問題

簿記3級練習問題:未収金と未払金

更新日:

練習問題

問1:備品200円を購入し、代金は月末に支払うこととした。

問2:建物600円を購入し、代金は月末に支払うこととした。
なお、登記料100円と仲介手数料50円は小切手を振り出して支払った。

問3:備品300円を200円で売却し、代金のうち100円は現金で受取り、残額は月末に受け取ることとした。

問4:土地50㎡を1㎡あたり200円で購入し、代金は購入手数料150円と合わせて月末に支払うこととした。

スポンサードリンク



解答解説

問1

借方科目 - 借方金額 - 貸方科目 - 貸方金額 -
備品

200

未払金

200

備品は「商品以外のもの」なので、代金を後払いとしたときは、未払金(負債)で処理します。

問2

借方科目 - 借方金額 - 貸方科目 - 貸方金額 -
建物

750

未払金

600

    当座預金

150

建物は「商品以外のもの」なので、代金を後払いのときは、未払金で仕訳します。

建物の購入にかかった付随費用150円(登記料100円+仲介手数料50円)は建物の取得原価に含めます。

問3

借方科目 - 借方金額 - 貸方科目 - 貸方金額 -
現金

100

備品

300

未収金

100

   
固定資産売却損

100

   

備品は「商品以外のもの」なので、代金を後で受け取る場合、未収金(資産)で仕訳。

300円の備品を200円で売却しているので、差額100円は固定資産売却損(費用)となります。

問4

借方科目 - 借方金額 - 貸方科目 - 貸方金額 -
土地

10,150

未払金

10,150

土地の購入手数料は土地の取得原価に含めます。

スポンサードリンク

-簿記3級練習問題

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.