Money Forward

マネーフォワードへ他の家計簿アプリから移行するためのデータ取込方法

更新日:

スポンサーリンク

別の家計簿アプリやサービスから移行に使える

マネーフォワードにはCSVの出力機能や取込機能があります。
取込機能を利用すれば、他の家計簿アプリやサービスから吐き出したデータを取り込む事が可能です。

私も他の家計簿アプリを使っていたので、以降するときにCSVデータを取込んで移行しました。

マネーフォワードの項目は8項目
1.計算対象
2.日付
3.内容
4.金額(円)
5.保有金融機関
6.大項目
7.中項目
8.メモ

この中で必須なのは「日付」「金額」の2つです。
これがないと取込みできません。

CSVデータの作成

マネーフォワードのテンプレートをダウンロード

以下のテンプレートがダウンロードされます

moneyfoward01

黄色の一行目はサンプルなので削除して、データを追加

moneyfoward02
※ヘッダータイトルは削除しないでください。
ヘッダータイトルで自動的にデータ内容を判別してくれます。

CSVデータに変換する

テンプレートはエクセルなので、CSVデータに変換してください。
変換方法はこちらで解説しています。
CSVデータ←→エクセルデータ 変換方法

大項目、中項目について
移行時に一番困るデータが大項目、中項目です。
他の家計簿の項目と違う場合、取込みがうまくいきません。
マネーフォワードで利用している項目に書き換える必要があります。

方法としては2つ。
1.取り込む前にデータを既存の項目に対応させる。
マネーフォワード項目表をダウンロード

2.取込した後、データを変更する。
マネーフォワード側で存在しない分類の場合、未分類となります。
取込みした後で項目の変更を行います。

取込方法

取込むCSVデータの選択

メニュー
⇒家計
⇒家計簿
収入・支出詳細の右下にある『アップロード』をクリック。
以下の画面が出てくるので、CSVデータを選択し、アップロード。

moneyforward3

取込みデータの確認

moneyforward6

取込む個別データの選択と費目の確認

moneyforward7
①その列のデータを取込むかどうかを選択します。チェックが入っているものを取込み。
②大項目を変更できます。
③中項目を変更できます。
※②と③はデータを取り込む前に対応させている場合、変更する必要がありません。

どちらが楽かは人によりけりですので、楽だと思う方でやってみてください。

「Money Forward」のサイト

スポンサードリンク

-Money Forward
-, , ,

Copyright© 経理と総務の効率化 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.