確定申告の基礎

確定申告にクラウドをおすすめする理由

更新日:

クラウド確定申告で楽になる4つのポイント

①仕訳するのが楽になる
②仕訳を入力すれば決算書は作成される
③訂正すれば他も自動で訂正される
④確定申告書は作成フローにしたがって入力するだけ

仕訳するのが楽になる

ちなみに「仕訳」とは、簡単に説明すると会計のルールに基づき記録をすることをいいます。
詳しい説明はこちら↓

01取引とは?仕訳とは?

確定申告を作成する上で、理解しておいた方がいい簿記などの知識を紹介します。 その上でいくつか専門的な言葉や考え方が出てきます。 なるべく知識がなくても理解できるように書きたいと思いますが、知っておいた ...

続きを見る

各種帳簿や決算書というのは日々の仕訳の集計値です。
そして「仕訳帳」なしに最終書類である確定申告書を作成することはできません。
つまり「仕訳」を「正確に」そして「効率的に」処理するかが何よりも重要なのです。

「クラウド確定申告」は、外部サービスと連携し、日々の取引データを取り込んで仕訳をしてくれる機能がウリです。
仕訳を行う上で手間なのが取引情報を集めることです。
外部サービスと連携して取引データを取得できれば、入力間違いなどが起こることもありませんので、「正確」で「効率的」で非常に便利なのです。
つまり、外部サービスといかに連携させるかどうかが「クラウド確定申告」をより効果的に利用するポイントとなります。

仕訳を入力すれば決算書は作成される

「クラウド確定申告」に限らず確定申告ソフトを利用すれば、仕訳がきちんとできれば、総勘定元帳や残高試算表、決算書は自動的に作成されます。

仕訳帳さえきちんと作成すればいいのです。

また確定申告書の一部も自動的に作成されます。

訂正すれば他も自動で訂正される

②の説明の逆説的なものなのですが、色々な帳簿や書類とつながっているので、間違いを発見して訂正した場合、他の帳簿や書類も自動的に訂正されます。
より正確に言うなら、訂正を行うのは仕訳帳の仕訳で、その他の帳簿などは仕訳を集計したものですので、自動的に訂正されるわけです。

確定申告書は作成フローにしたがって入力するだけ

多くの確定申告ソフトは青色申告決算書が完成するば、確定申告書の部分について、作成フローに従って入力していけばいいので非常に楽です。

おすすめのクラウド確定申告サービスは?

このサイトで紹介しているのは「freee」「MFクラウド」「やよいの青色申告オンライン」の3つです。

ちなみに私はfreeeがおすすめです。

no image
freee/MFクラウド/やよい クラウド確定申告の機能と料金の比較

どの「クラウド確定申告」を選べばいいんだろう? わたし自身確定申告をするにあたり、どのクラウド確定申告を選べばいいのか迷いました。 経理をやっているので、会計ソフトを使うことに慣れていますが、確定申告 ...

続きを見る

freeeリンク2

クラウド確定申告はfreeeがおすすめ!

◎経理の知識がなくても大丈夫!
◎スマホだけで作業が可能!
◎請求書・見積書・領収書など書類作成機能有り!
◎領収書をカメラで撮って自動で仕訳!


アドセンス

-確定申告の基礎

Copyright© クラウド確定申告・AI会計マニュアル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.