各種証憑書類について

印紙が貼り忘れても領収書として有効。でも経費として認めるかは別

更新日:

3万円以上の領収書には印紙を貼ることが印紙税方によって義務付けられています。

じゃあ、もし3万円以上の領収書に印紙が貼られていなかったとして、領収書としての意味をなさないかというとそういうわけではありません。

逆にいうと印紙が貼ってあっても、領収書が経費として有効かどうか関係ありません。

ちなみに印紙が貼ってなくて受け取った側が攻められることはありません。

発行した側は本来の印紙税の3倍の過怠税が徴収されます。
貼る側になった場合は気をつけましょう。

freeeリンク2

クラウド確定申告はfreeeがおすすめ!

◎経理の知識がなくても大丈夫!
◎スマホだけで作業が可能!
◎請求書・見積書・領収書など書類作成機能有り!
◎領収書をカメラで撮って自動で仕訳!


アドセンス

-各種証憑書類について

Copyright© クラウド確定申告・AI会計マニュアル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.