効率化

「単語登録」の極意を知れた「光速パソコン仕事術」出版記念セミナーに参加してきました

更新日:

効率化の鬼「ヨスさん」の出版記念セミナーに参加してきました。

「経理と事務の効率化」というブログやってますけど、最近効率化について書いてない・・・というかブログの更新が滞っている状態でした。

このヨスさんの本で再度効率化を見直してみようかなと。

セミナーの内容は主に5つ+質疑応答

【1】ショートカットキー
【2】単語登録
【3】ブラウザはGoogle chrome
【4】Googleドライブでの共同作業
【5】マウスジェスチャー

ちなみに配られた資料での目次はこんな感じ。

さすがプロブロガー。
目次も引きつけられます。
その中で「単語登録」に絞って書こうかなと思います。

スポンサーリンク

利用していなかったのが恥ずかしい「単語登録」

「単語登録」は明日からすぐに実践したいと思いました。
「単語登録」とは、よく利用する単語や文章を簡単に呼び出すことができる機能です。
例えば、「じゅうしょ」と入力した場合に、会社の住所「東京都千代田区永田町1丁目-1-1」を登録しておくことで、変換候補に呼び出してくれる機能です。

ただ他の人の反応だと、単語登録はみんな当たり前に使っているみたいですね。
ちなみに私はヨスさんオススメの「Google日本語入力」も使ってませんでした。(ぶっちゃけ「Google日本語入力」を入れただけでも、予測変換機能で
便利になった)

「効率化」と名乗っておきながら、使ってないのがバレるのが恥ずかしいので、知っている体で話を聞いてました。
まぁ他の人は私が「効率化」のブログをやっている事自体知らないんですけどね。

ポイント①ありえない組み合わせ

ヨスさんの使い方としては、「じゅうしょk」といったように「k」をつけることで、「住所」と変換したい場合と、「東京都千代田区永田町1丁目-1-1」と変換したい場合とでわける仕様にしています。

ありえない組み合わせで単語登録することで、変換候補を絞らせることができるわけですね。

ありえない組み合わせというのは、日常的には使わないけど、簡単に入力ができるものというものです。
なので「」をプラスしたというわけです。
このプラスする文字がポイントになるわけです。

ちなみにプラスする文字として「」をおすすめしていました。
理由はあまり使わないのに押しやすいとのこと。
確か「」はあまり使わないですね。

なので、組み合わせ文字として便利というわけです。

ポイント②思い出すくらいなら新規登録

単語登録してもすぐ忘れてしまうのはどうしたらいいですか?という質問をされている方がいました。

回答は新しく登録するとのこと。
ヨスさん自身記憶力がないのでよく忘れるそうです。
その時には思い出す時間が勿体ないので、新しく登録するそうです。
その方が早いし、登録したい単語が出てくるトリガーが増えるとのこと。
確かにそうだなーと思いました。

まとめ

本には他にもいろいろな内容が紹介されています。
私も遅ればせながら単語登録を翌日から使い始めました。
今はじゃんじゃか登録をしています。
今まで使っていなかったのがもったいなかったですが、今回の知って更にヨスさんの単語登録の使い方を知ったことで、一気にマスターしたということで良しとしますかね。

あとトラックボールマウス買おうかなー

スポンサードリンク

-効率化
-, ,

Copyright© 経理と総務の効率化 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.