Excelメニュー

人に渡すExcelで見せたくないシートがある場合の隠し方

更新日:

例えば
・ピボットテーブルの表
・VLOOKUP関数で別シートからデータを参照している表

どちらも別のシートのデータを参照して表を完成させています。
渡すときに見て欲しいのは完成した表だけ。
元のデータに触れてしまうと、完成した表の値が変わってしまう場合があります。

そこで、参照元のシートを見れないようにしておきましょう。

Excelシートを隠す方法

下の図はシート「資料」はシート「伝票データ」から作成したピボットテーブルです。

sheet01

 

1.メニュー「開発」→「Visual Basic」を選択。
sheet02

2.Visual Basicが開きます。
左上の枠にExcelシートが一覧、左下の枠がプロパティが表示されます。。
プロパティのNameがシート名と同じです。
sheet03

3.通常プロパティのVisible項目が「-1」となっています。
この状態だとシートは見えます。
sheet04

4.Visible項目を「0」に変更します。
sheet05

5.「伝票データ」のシートが消えました。
sheet06

まとめ

何気ない処理ですが、けっこう重宝します。

フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-Excelメニュー
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.