選挙

分析好きにはたまらない選挙の楽しみ方。選挙の仕組みに見える組織内闘争

更新日:

今回の選挙に大義がないとは言うけれど、決まったものはしょうがない。
まぁ大義が「ない」というのは「ない」側の論理で、「ある」という人もいるわけで。

でも選挙って面白いですよ。
何が楽しいって自分なりの当落予想をすること。
そんなもの専門家じゃないとわかるわけないじゃんと思われるかもしれませんが、まぁそうでしょう。
私の場合、誰にならったわけでもなく今回の出馬リストと前回の当選リストを眺めて勝手に仮説を立てているだけですけど。

ずーっと眺めていると色々なものが見えてくるんですよね。
当選が確実な人、激戦の地でなるであろう選挙区、同じ政党同士での争いなどなど。
それらを想像する、まぁ楽しい。
ということで、私なりの楽しみ方を紹介します。

スポンサーリンク

衆議院選挙について

まずは基礎知識をかなりアバウトな感じで説明しますと。

衆議院の選挙制度は「小選挙区比例代表並立制」といって、で「小選挙区選挙」と「比例代表選挙」を並行して行う制度です。
小選挙区選出289名、比例代表選出176名、計465名が当選します。

小選挙区は、選挙区で有効投票の最多数を得た者が1名当選します。
これはわかりやすいの特に説明は必要ないですね。

比例代表方式

比例代表方式は、比例ブロックでの得票数に応じて議席を配分する方式です。
ちなみに比例ブロックは北海道、東北など全国で11に分かれています。ちなみにブロックごとで配分される議席数は異なります。

選挙区定数区域
北海道8北海道
東北13青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島
北関東19茨城,栃木,群馬,埼玉
南関東22千葉,神奈川,山梨
東京17東京
北陸信越11新潟,富山,石川,福井,長野
東海21岐阜,静岡,愛知,三重
近畿28滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山
中国11鳥取,島根,岡山,広島,山口
四国6徳島,香川,愛媛,高知
九州20福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄

さて小選挙区で当選するのは1名と書きましたが、2番目でも3番目でも当選する可能性はあります。
それは比例代表との重複立候補している場合です。
衆議院議員選挙の比例代表の場合、「小選挙区選挙」と「比例代表選挙」に重複して立候補できます。
ただし、公職選挙法上の政党要件を満たしていない「その他の政治団体」から立候補した場合、重複立候補はできません。
つまり政党から立候補する方が断然有利なのです。

比例名簿には順番があり、早い順番ほど当選しやすくなります。
ただし複数の重複候補者を同一順位にできます。
その場合、小選挙区における当選者の得票数に対する落選候補者の得票数の割合(惜敗率)を求め、惜敗率の高い候補者から比例名簿の順位が決められます。

惜敗率

惜敗率とは、その候補者の得票数を同一選挙区で最多得票選者の得票数で割ったものです。
第47回衆議院員総選挙での大阪4区を例に説明しましょう。

ここでは4人が立候補をしました。

当落候補者名所属党派得票数惜敗率比例重複
中山泰秀自由民主党82,538票--
比当吉村洋文維新の党74,101票89.78%
比当清水忠史日本共産党31,478票38.14%
吉田治無所属24,213票29.33%×

この場合トップの中山さんの票数が82,538で、2位の吉村さんの票数が74,101です。
よって、74,101÷82,538=89.78%となるわけです。
吉村さんの場合は、比例に重複立候補をしているのもあり当選しています。
ちなみに清水さんは惜敗率が38.14%で当選しています。

ちょっと大阪3区を見てみましょう。
2名のみが出馬して一対一の構図です。
得票数は63,529票で、惜敗率は74.79%と3区の清水さんよりも上です。
しかし、比例代表での重複立候補をしていないので当選はしていません。

当落候補者名所属党派得票数惜敗率比例重複
佐藤茂樹公明党84,943票--
渡部結日本共産党63,529票74.79%

じゃあ、比例重複であれば当選は固いんじゃないかねと思うかもしれませんが、もちろん落ちるケースもあります。

大阪2区を見てみましょう。

当落候補者名所属党派得票数惜敗率比例重複
左藤章自由民主党78,326票ーー
椎木保維新の党56,025票71.52%
山本陽子日本共産党34,184票43.64%

2位の椎木さんは重複立候補しています。
惜敗率も大阪4区の清水さんより高いです。
しかし、落選しています。
これは比例復活ができる人数は政党の総得票数が関係しているからです。
あっ、2区の山本さんの惜敗率43.64%で、同じ共産党の清水さんの38.14%より高いのに比例重複していないから落選していますね。
山本さん的にはどうなんでしょうか?
清水さんに思うところはないのでしょうかねぇ

ドント式

比例で当選する人数がどのように決まるのかを説明しましょう。

第47回衆議院員総選挙の近畿ブロックでの各政党の比例代表を例に説明します。(他にも党はありますが、当選者がいないため除外)
衆議院議員比例代表選挙では、ドント方式という、各政党の総得票数をそれぞれ1,2,3・・・と自然数で割り、得られた得票数の大きい順に議席を配分する方法で決められます。

政党自民※2民主※2維新※2公明※2共産※2
※12,442,0061,047,3612,202,9321,236,2171,084,154
÷12,442,00611,047,36172,202,93221,236,21731,084,1546
÷21,221,0034523,681141,101,4665618,10910542,07713
÷3814,0028349,12021734,3119412,07217361,38520
÷4610,50211261,84029550,73312309,05424271,03928
÷5488,40115209,472440,58616247,243216,831
÷6407,00118174,560367,15519206,036180,692
÷7348,85822149,623314,70523176,602154,879
÷8305,25125130,920275,36726154,527135,519
÷9271,33427116,373244,770137,357120,462

※1政党総得票数
※2総順位

ちなみに今回の選挙では当選者が1人減り28名になりました。
仮に前回も28人だったとした場合、29番目の人は当選しませんので、民主党は3人しか当選しなかったことになります。
では政党ごとに何人比例で当選できるかが決まりましたので、惜敗率で政党内で誰を当選させるのかを見ます。

維新だけの惜敗率を見てみましょう。

除数順位議員名名簿順位惜敗率
12小沢鋭仁1
25足立康史295.54%
39木下智彦293.24%
412吉村洋文289.78%
516浦野靖人286.31%
619上西小百合283.49%
723松浪健太281.84%
826伊東信久278.89%
椎木保271.52%

当選しているのは除数8までの伊東さんで、惜敗率は78.89%です。
椎木さんが当選するには79%必要とした場合、得票数として61,877票、あと5,853票必要だったということになります。
約1.1倍の得票が必要となるので、なかなかハードルは高いです。
ただ椎木さんは除数4番目の吉村さんが大阪市長選に立候補して議員を辞めたため、繰り上げ当選しました。
ちなみに名簿順位1位の小沢さんは小選挙区には立候補せず、比例単独で出馬して当選しています。

小選挙区に出馬している人たちはみんな2位なので、惜敗率で同じ政党内で争う必要があるわけですが、名簿1位は政党の人気があれば当選できてしまいます。
大阪を含む近畿ブロックでの維新の比例名簿1位ですから、かなり優遇されていますね。
椎木さんとしては小沢さんのせいで比例当選できなかったわけですから、腹立たしでしょうけど。
ちなみに小沢さんは今回の選挙で「希望の党」移ってしまいました。
比例名簿1位がもらえなかったからですかね。

まとめ

今回は選挙制度について説明してみました。
実際の結果を見ながら説明すると当落の境界線が見えて楽しくないですか?
まぁ本人にしたら必死なんで楽しいとか言ってんじゃねぇよって感じでしょうけど。

スポンサードリンク

-選挙
-

Copyright© 経理と総務の効率化 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.