その他経理クラウド

コスト面と利用管理の面から法人用カーシェアを検討中

更新日:

会社の車両利用にカーシェアを検討し始めました
現在の車両の利用状況は、社用車、カーリース、レンタカーとさまざま。
このうちのレンタカー利用の一部をカーシェアに移行できないかなと。

スポンサーリンク

利用したい理由

・夜中の利用料金がレンタカーより安い
・レンタカー屋さんに持ってきてもらうのに、待機していないといけないのが手間
・近くにカーシェアを提供している駐車場がある
・法人カードを利用すれば、時間極駐車場代をキャッシュで精算可能
・利用履歴をWEBの管理画面で把握でき、データをダウンロードできる

時間帯によって(特に夜中)の利用料金がレンタカーより安い

利用する時間帯によってですが、カーシェアの方が安い利用時間もある。
※下記比較表参照

レンタカー屋さんに持ってきてもらうのに、待機していないといけないのが手間

現在利用する際に、レンタカー屋さんが会社まで持ってきてくれるんですが、駐車できる場所がないので、すぐに乗らないといけない。
時間がかかるのであれば、時間極駐車場に止めておく必要があります。

近くにカーシェアを提供している駐車場がある

これはかなりポイントが高いです。
さきほどの理由とつながるのですが、レンタカーの場合は持ってきてもらってすぐに出発できない場合、時間極駐車場に止めておかないといけません。
別途お金がかかります。
また止めておいたとしても、時間極駐車場代はかかりません。

法人カードを利用すれば、時間極駐車場代をキャッシュで精算可能

タイムズのカーシェアは利用者ごとに法人カードを発行します。
このカードは時間極駐車場の精算に利用する事ができます。
つまり、精算時はお金を不要で、後でまとめて会社に請求がくる仕組みです。
利用者は帰ってきて経費精算の申請をしていたものが、なくなります。

利用履歴をWEBの管理画面で把握でき、データをダウンロードできる

今までは利用者の立場からの利便性でしたが、これは経理の立場としてのメリット。
WEBの管理画面で利用状況を確認できます。
確認できる内容
・利用したステーション
・利用日
・利用者
・料金

加えてこの内容をCSV、PDFで出力することが可能です。
レンタカーの場合、レンタカー会社から月締めした明細が送られてきて、その時に利用者に、どの案件で利用したかを確認します。
でもWEBでその都度確認ができれば、月終わってからでないと確認できないということはありません。
またCSVを加工すれば、そのまま伝票の仕訳データとして利用することも可能です。

カーシェアとレンタカーの比較表

カーシェア(タイムズ)レンタカー
料金月額基本料金0円0円
15分206円-
6時間4,020円6,195円
12時間6,690円 + 距離料金※16,195円
24時間8,230円 + 距離料金※17,560円
18:00~24:002,060円 + 距離料金※1-
24:00~09:002,060円 + 距離料金※1-
18:00~09:002,580円 + 距離料金※1-
ガソリン補充なしあり
利用方法受渡時間24時間
レンタル方法タイムズの駐車場に取りにいく持ってきてもらう
店舗へ取りに行く
予約方法パソコン、携帯からパソコン、携帯、フリーダイヤル
予約可能期間2週間~3分前~1時間前(ネット予約)
返却方法借りた駐車場へ返しにいく取りに来てもらう
店舗へ返却しに行く
精算方法後日振込後日振込
保険対人1名限度額 無制限(自動車損害賠償責任保険も含む)1名限度額 無制限(自賠責3,000万円を含む)
対物1事故限度額 無制限(免責額0円)1事故限度額 3,000万円(免責額5万円)
車両1事故限度額 時価限(免責額0円)1事故限度額 時価限(免責額5万円)
人身傷害補償1名様限度額 無制限1名様限度額 3,000万円

まとめ

保険の補償もきっちりとしてます。
運用ルールをきちんと決めて利用すれば、利用者側も管理者側も業務が効率化されそうです。
ということでカーシェア真剣に検討中です。
あとはどこのカーシェアサービスを利用するか比較検討ですかね。

タイムズカープラス

カレコ・カーシェアリングクラブ

オリックスカーシェア

スポンサードリンク

-その他経理クラウド
-, ,

Copyright© 経理と総務の効率化 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.