「売上・費用」 一覧

no image

04固定資産を中古で購入した場合の計算方法は?

中古の固定資産を購入した場合、その固定資産の耐用年数は法定耐用年数ではなく、その固定資産がそれまでに何年使われていたかを加味した耐用年数で減価償却費を計算します。 計算式は法定耐用年数に対する経過年数 ...

01減価償却費とは?固定資産となる金額はいくらか?

「減価償却」とは、長期間にわたって事業に利用する社用車や機械装置などの「固定資産」を、購入した時に全額費用とするのではなく、その「固定資産」の対応年数にわたって分割して費用とする会計処理を言います。 ...

no image

経費にできるかの判断は、議員のライザップ問題が参考になる

「この支出は経費として認められるのか?」 これは個人事業主にとって気になることです。 例えば、スポーツジムの会費 事業を行ううえで健康維持は大事。 そのためにもスポーツジムで体を鍛えることは事業を維持 ...

no image

「あらゆる領収書は経費になる」わけじゃない理解すべき絶対的な1つのルール

結構前にこのような記事を書きました。 あらゆる領収書は経費で落とせる。「昼食代」「夜食代」 著者は「大村大次郎」さん 元国税局調査官。 こういった本を出しています。 あらゆる領収書は経費で落とせる ( ...

no image

02送料や手数料は固定資産に入るか?

原則、その固定資産を購入するために要した費用は固定資産に含まれます。固定資産に入るということは、法定耐用年数で費用処理していきます。 例えば送料500円法定耐用年数が5年定額法の場合 送料は毎月100 ...

no image

03パソコンの本体とモニターは、一つの固定資産か?別々の固定資産か?

一括の金額なら固定資産になるけど、個別の金額で見たら消耗品費になる。実際そのようなケースは多々あります。パーテーションとかもそうですね。 固定資産かどうかの判定は2要件あります。(1)  使用可能期間 ...

no image

あらゆる領収書は経費で落とせる。「昼食代」「夜食代」

前々から知っている本ですが、経理として役立つ知識が色々ありました。 その中で福利厚生費について抜き出し。 会社ではもちろん、個人事業者でも利用できるとのことです。 福利厚生費とは・・・使用者が労働者や ...

no image

どんな費用が経費として認められるか?

実際にどんなものが費用として認められるのか? いかに適正にそして多く費用とできるかで税金の金額が変わってきますので、非常に重要です。 具体的なものをあげる前に基本的な考え方を押さえておきましょう。 副 ...

no image

飲食店のまかない飯は福利厚生費か?

テレビでかなりおいしそうなまかない飯を食べているのを見て、ふと思ったので。

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.