「Fintech(フィンテック)」 一覧

no image

交流会参加費の徴収にモバイル決済の「Square」が良さそう。他の決済と比較してみた

月に1回程度、経理の勉強会や交流会を行なっています。 第5回経理雑談交流会-雑談して情報共有する経理勉強会 参加費を500円。 貸し会議室のレンタル料とソフトドリンクとお菓子代としていただいています。 ...

BtoBプラットフォーム導入準備:発注データ作成と最終発注者の設定

運用を考えるにあたり悩んだ点 ・BtoBプラットフォームでは発注書(通知書)を承認決裁後に発注するといった機能はないので、承認決裁は別に得る必要がある。 ・発注書(通知書)の送付する際に、別のファイル ...

BtoBプラットフォーム運用のための社内手続きステップ

新しいシステムを導入する際にまずハードルは社内の合意形成があります。 BtoBプラットフォームの場合、発注先企業に操作をしてもらう必要があるため、事前説明が必要となります。 これは発注担当者からの要望 ...

BtoBプラットフォーム導入前と導入後の発注と支払の運用比較(仮)

BtoBプラットフォーム(以下BtoB)というシステムを導入しました。 ※経理EXPOの写真 請求書の受取と発行を電子化するシステムです。 2017/08/17現在、約15万社が利用しているクラウドサ ...

節税をしたいなら期中に最低3回は仮の確定申告書を作成するといい

さて、年が明けました。 年末年始は確定申告の処理をぼちぼちをやってました。 やってみての感想 「(少なくとも)期中に最低3回は仮の確定申告書を作成するといい」 です。 決算書の作成ではなく、申告書の ...

プログラミングを1ヶ月で習得するWebCamp体験談

経理にこれから求められるであろうプログラミング力。これを身につけるために1ヶ月のプログラミングマスター講座に通うことにしました

12月は何かを始めるのにはちょうどいい月。なので私はプログラミングを学ぶことに

1ヶ月でプログラミングが学べるWEBCampの学習内容について。今年を締めくくるのに学ぶにはプログラミングはいい学習内容だと思います。

フィンテック(FinTech)に負けない経理が生き残るための道

FinTechとは、金融(Finance)と技術(Tech)を組み合わせた造語です。 フィンテックによって経理は将来なくなる職種と言われています。 「経理のミカタ」というサービス フィンテックのサービ ...

no image

経理として生き残るためにプログラミングの学校に行くことにしました

経理としてこれから必要となるスキルはプログラミングです。1ヶ月で一生使えるプログラミングスキルを学べるスクール「WebCamp」で学びます。

no image

交渉力がなくても大丈夫。顧問税理士料を値下げする方法

税理士の顧問料は何が正しいのかわかりません。同じ税理士の資格を持ちながらも、知識やサービスに色々違いがあります。自社にあった税理士さんを見つけることができるサービス

iPadでクラウド請求書作成サービス「misoca」使うにはアプリではなくWEBサイト

iPad用のクラウド請求書作成サービス「misoca」のアプリがなくてもWEBサイトでの利用すればいいです。

ScansnapのSansanモデルと通常モデルの3つの違い

Scansnapですでに45,000枚をスキャンしています。 廃棄した書類は40,000枚以上。 着々とオフィス書類の電子化を進めています。 Scansnapですが、他社とのコラボレーションに積極的で ...

freeeとScanSnapを連携させてレシートを自動仕訳した勘定科目の一致感をテストしてみた

「ScanSnap iX100」を買ったのが嬉しくて嬉しくてウキウキしてます。 「ScanSnap iX100」でスキャンしたデータを「ScanSnap Cloud」を利用して他の色々なクラウドサービ ...

わかりにくい開業費の「freee」確定申告での入力・処理方法

開業費とは 個人事業主にとって一番最初の確定申告はわからないことだらけです。 その中でもわかりにく処理の一つに「開業費」があります。 開業費とは、開業前にかかった「開業のためにかかった費用」を言います ...

わかりにくい開業費の「やよい確定申告」での入力・処理方法

開業費とは 個人事業主にとって一番最初の確定申告はわからないことだらけです。 その中でもわかりにく処理の一つに「開業費」があります。 開業費とは、開業前にかかった「開業のために生じた費用」を言います。 ...

わかりにくい開業費の「MFクラウド確定申告」での入力・処理方法

開業費とは 個人事業主にとって一番最初の確定申告はわからないことだらけです。 その中でもわかりにく処理の一つに「開業費」があります。 開業費とは、開業前にかかった「開業のためにかかった費用」を言います ...

クラウド会計「freee」はサポート履歴が残るのが便利

freeeのサポートは主に「チャット」と「メール」です。 ※導入時のみ電話サポートがあります。 「チャット」は平日の10:00~12:00、13:00~18:00に問い合わせができます。 それ以外の時 ...

freeeはみずほe-ビジネスサイトで電子証明書付の口座は同期ができない

会計ソフトをクラウド化できないか、色々な会社のクラウド会計サービスを試してるところです。 今回は「freee」 クラウド会計サービスの多くは、口座登録することで銀行のWEB明細を取り込んで簡単に仕訳を ...

クラウド会計「freee」の仕訳が少し特殊。でもすごく合理的。

「freee」では仕訳を登録する方法に、いくつか方法があります。 1.銀行などの金融機関や外部のサービスと連携して、外部データを自動で取り込んで仕訳を行う方法 2.手動で仕訳を行う方法 売りにしている ...

請求・消込・催促を自動化する『経理のミカタ』はクラウド会計とも連携可能

『経理のミカタ』というサービスがちょっと気になります。 「請求・消込・催促の作業を全て自動化し、請求管理業務に必要な様々なファイルやシステムの管理画面を、1つの画面でまとめて操作できる業界初のサービス ...

営業経路を覚える必要なし!スマホが自動で交通経路を記録し「楽楽精算(経費精算システム)」に取り込めるサービス開始

「楽楽精算」と「GPS Punch!」が連携しました。 「楽楽精算」は、交通費や出張、交際費等の経費を精算するためのクラウド型経費精算システムです。 「GPS Punch!」は、スマホのGPSを活用し ...

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.