AIに仕事を奪われないためのサラリーマン経理・総務の働き方を模索するサイトです

経理と総務の効率化

定期的に勉強会や交流会を開催!


前回2019年2月21日 参加者は17名でした
次回は3月に予定しています

イギリス

イギリスのトイレで見た合理的な?エアータオル。割り切りって大事

更新日:

イギリスの空港のトイレにあったエアータオル

P_20151215_101452

何が合理的なのかわかりますか?
この写真だけだとわかりづらいと思いますが。

手を差し込むと上から風が吹いて水が下のステンレスに落ちます。
このステンレスは斜めになっていて、手前に流れ落ちます。
流れ落ちる先に水をためるトレイがあるわけではありません。
そのまま下の床に流れ落ちます。

多分、床掃除のときに一緒にきれいにするんでしょうね。
確かに手を洗ったときについたしずくって、触りたくはないですけど、掃除するにはきれいな水ですから。

「手をきれいにする」と「床をきれいにする」の2つに使われるわけです。

これは床が濡れていることを気にしないという国民性があるんでしょうけどね。

03投稿記事下_関連コンテンツ

-イギリス

Copyright© 経理と総務の効率化 , 2019 All Rights Reserved.