企業分析

バナナの値段と国際情勢。それに売り方。

投稿日:2013年3月31日 更新日:


溜池山王の駅にはこんな自動販売機があります。

1本130円
3本で390円
「そんなバナナ!」

私にとってバナナは貴重です。
バナナの魅力は
・栄養がいい
・値段がお手ごろ
・食べやすい(皮をむくのが簡単)
といったところですかね。

そんなバナナが最近値上がりしています。
近所のスーパーでは100円以下だったのが当たり前だったのに、今や安くて128円。
なんでだと調べてみると・・・

2012/11/ 4 17:08
中国捨てて日本取った? フィリピンがバナナ大量輸出

南沙諸島の領有権めぐる対立が理由で中国が輸入を意図的にしずらいようにして、行き場に困ったバナナが日本へまわってきたわけですね。
たくさん入ってくるので値段が下がってたわけですね。

しかし、

2013/1/11 7:00
消える格安バナナ 値上がり懸念に中国の存在
”スーパーの店頭に昨年春から大量に出回っていた特売用のバナナが減りつつある。フィリピンとの領土問題以降に始まった中国の輸入制限が落ちつきつつあるうえ、フィリピンを昨年12月に台風が襲い、供給が急減しているためだ。需給の両面からバナナの市場に異変が起き、バナナの特売が消える可能性もある。”

バナナの事を調べていると面白いサイトを発見しました。

ドールバナナの歴史を紐解く
非常におもしろいサイトです。

しかし、自動販売機のバナナはどれくらい売れているんだろうか
でも自動販売機を用意して、この値段設定って事は買う人がいるんでしょうね
ちゃんと横に備え付けられたゴミ箱には、バナナ用のがついています。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-企業分析

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.