勘定科目 簿記3級

勘定科目:「預り金」

投稿日:2013年3月13日 更新日:


預り金

一時的に預かっているお金はり金」で処理します。

どんな預り金があるか?

会社で働いている人の場合「社会保険料」「所得税」「住民税」といった預り金があります。
給与明細で見るとこんな感じです。

それぞれの納付先は以下の通りです。
「社会保険料」・・・納付先→健康保険組合や社会保険事務所
「所得税」・・・納付先→税務署
「住民税」・・・納付先→市区町村
※以前に使ったイメージ図なので余計な枠とか数字が入ってますが、気にしないでください。

これらを会社は従業員に給料を支払う際に、給料から預り、指定機関に支払をします。
ちなみに手取りはこれらが差し引かれた後の金額を言います。

この預ったお金はすぐ納付するのではなく、一定期間に預ったものを指定された日に払います。

預り金は後で支払わなければならないお金なので「負債」です。
預り時は貸方に記入されます。
納付時に負債が消えますので、仕訳では借方に記入します。
増えたら貸方、減ったら借方に記入する

実際の仕訳

従業員に給料を支払ったときは給料で処理します。
給料は費用です。
給与は費用なの?と少し混乱するかもしれません。
あくまでこの主体は会社です。
会社が従業員に対して労働の対価としてお金を払うので、費用です。
費用ですので、借方になりますね。

例題:従業員への給料1,000円のうち、源泉所得税100円を預り(天引き)、残額を当座預金口座から振り込んだ。

給料から天引きした源泉所得税や社会保険料を納付したときは、預り金が減少します。

例題:源泉所得税100円を当座預金から振り込んだ。

 

練習問題⇒  PDF版   web版 

フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-勘定科目, 簿記3級
-, , , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.