勘定科目 簿記3級

勘定科目:「仮払金」

投稿日:2013年8月26日 更新日:


仮払金とは

言葉の通り「仮に払ったお金」の事をいいます。

なぜ「仮に払うお金」が発生するのか?
例えば出張をする場合、色々な費用がかかります。
交通費や、得意先との飲食代、得意先へのお土産代など、ある程度の使い道や金額はわかるけども正確にわからない場合、必要であろう金額をお金を従業員に「仮に払って」おきます。
従業員に一時的にお金を貸している状態になっているわけです。
仮払いをしたお金は仮払金(資産)で処理します。

スポンサーリンク

仮払をした時の仕訳
karibara1

従業員の出張にあたって、旅費の概算額として100円を現金で支払った。

この仮で払ったお金、もし出張が取りやめになった場合、どのような仕訳をするか。
karibara2

仮払金は使われず、仮払した金額そのまま戻ってきたので反対の仕訳をします。

旅費の金額が確定したときの仕訳
従業員が出張から帰り、旅費が80円だったと精算申請があった。
仮払金100円のうち80円が旅費。残額の20円は使わなかった分として会社へ戻されます。

karibara3

 

練習問題⇒  PDF版   web版 

フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-勘定科目, 簿記3級
-, , , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.