勘定科目 簿記3級

勘定科目:「現金過不足」

投稿日:2013年1月29日 更新日:


現金過不足とは・・・帳簿上残高と実際現金有高の差異をいいます。

実現金高とは、実際現金有高です。
家計でイメージすると、
帳簿とは、家計簿。
実現金高とは、財布のお金と銀行の残高。

スポンサーリンク

パターンA
帳簿残高が1,000円、実際現金有高は500円。
500円の現金が不足している状態。
image003

パターンB
逆に帳簿残高が500円、実際現金有高は1,000円。
500円の現金が過剰になっている状態。
image004

つまり「現金が過剰、もしくは不足」
「現金・過(剰)・不足」
というわけです。

こうなっている場合、なぜ「現金過不足」が発生したかを調査しなければなりません。

例えば
帳簿残高1,000円。
500円通信料金を払ったが、帳簿に付けていなかったのが判明。
帳簿に500円を記録。
帳簿金額は1,000円 - 500円 = 500円となります。
これにより帳簿金額と実際現金有高が一致しました。

このようになぜ一致していないかを調査し、帳簿残高と実際現金有高とを一致させます。
この時のポイントは実際現金有高に帳簿残高を合わせるという事です。

現金不足の場合

帳簿残高は1,000円、実際現金有高は500円であった。
帳簿残高が実際現金有高よりも多いので、帳簿の現金を減らす仕訳をします。

手順は
①現金が減少するので貸方へ記入。
②それに対して原因は不明なので、「現金過不足」の科目で借方に書く。

現金過剰の場合

帳簿残高は500円、実際現金有高は1,000円であった。
帳簿残高が実際現金有高よりも少ないので、帳簿の現金を増やす仕訳をします。

手順は
①現金が増加するので借方へ記入。
②それに対して原因は不明なので、「現金過不足」の科目で貸方に書く。

現金過不足は最後どこに表示されるのか?

仕訳を見てわかるように、過剰でも不足でも同じ「現金過不足」という科目を利用します。
借方でも貸方でも「現金過不足」
その場合、貸借対照表のどちら側に記載されるのか?
という疑問が生じると思います。

結論から言うと、貸借対照表には記載されません。
「現金過不足」は貸借対照表を完成(締め)前に必ず金額が0円しなければないからです。

「現金過不足」は帳簿と実現金高とで差異が発生していることを、仮で記録しておくために利用する科目です。
「仮」はあくまで「仮」です。
とても不明瞭なものです。
貸借対照表はさまざまな利害関係者に対して会社の状態を説明するものです。
不明瞭なものがあってはならないのです。

しかし、決算をむかえても原因が判明しない場合があります。
このような場合、「雑損失」や「雑収入」という科目で処理します。
帳簿残高 > 実現金高 の場合「雑損失」
帳簿残高 < 実現金高 の場合「雑収入」

字を見てわかるように「雑損失」は費用科目、「雑収入」は収益科目です。

覚えるイメージ

【雑損失】
帳簿残高より実際現金有高が少ない。

思っていたよりお金が少ない。

損した!

つまり「雑損失」です。

【雑収入】
帳簿残高より実際現金有高が多い。

思っていたよりお金が多い

得した!

つまり「雑収入」です。

このように仕訳を行います。
最終的に損益計算書に記載されます。

 

練習問題⇒  PDF版   web版 

フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-勘定科目, 簿記3級

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.