セミナー

自由に生きるためのお金のセミナー「The Price of Life」を受講してきました

投稿日:2012年12月24日 更新日:



そんなに贅沢をするタイプの人間ではないのですが、結婚もしたのもあり将来設計について真面目に考えないとなと思うようになりました。

自分がやっていることは家計簿をつけて日々お金の管理をすること。
でもこれだけでは足りないだろうなという不安があるのでお金に関するセミナーに参加してきました。

その名も
「The Price of Life - 自由に生きるために今考えるべきこと」
という名前のセミナー

これはこのセミナーを主催しているファイナンシャルアカデミーの代表である泉正人氏の新刊の本のタイトルです。
つまりこの本の内容をふまえてのセミナー。
セミナーといってもただ話を聞く形のセミナーではなく、ちょっとしたワークショップ形式でした。

●ワークショップ

自分のお金の状態を確認する。(見える化)
言うなれば「自分株式会社の経営分析」ですね。

老後に残せる資金の確認
・現在の年収
・退職金
・現在の資産
・年金

老後の必要な資金の確認
・月いくらで暮らすか?
・ゆとり資金はどれくらいか?

これらを算出し、余剰割合もしくは不足割合がどれくらいかを計算する。
余剰でなく不足の場合、不足割合がどれくらいかで、将来への備えを考える必要がある。
ただしただ単純に不足を補うような投資をすればいいのではなく、複数の視点から投資方法を考える必要がある。
それが以下の6つの軸。

●投資を選ぶための6つの軸

・マネー軸(いくら?)
・タイム軸(いつまでに?)
・パーソナル軸(自分の性格で向く投資方法は?)
・ビークル軸(どのように?)
・マーケット軸(どの市場で?)
・テクニカル軸(どのような配分とタイミングで?)

上記を考慮した上で不足割合に応じた資産形成方法を組み立てる。

例えば代表的な投資方法は以下の7つ。
リスク・リターンの割合は下に行くほど大きくなります。

預貯金 0.1%
保険 1%
債券 +- 5%
不動産 +- 10%
+- 20%
外国為替 +- 30%
商品先物 +- 50%

リターンが大きければリスクも大きい。
早急にお金が必要だからリターンが大きい「商品先物」でというのは短絡的過ぎ。
マネー軸とタイム軸だけを見ればそうだが、他の4つの軸を考慮した場合にそれが正しいかどうかを考えなければならない。

まとめ
必要なことは
「現状把握」と「学び」

私の場合、現在の生活をそのままでいけるなら無理な投資等は必要ないですが、もう少し安心を持ちたいので、投資等を来年からは真面目に考えようかなと検討中です。
そして半年後くらいに投資を実践してみようかな。

というわけで、来年ある体験会に参加申し込みをしました。

詳しいセミナーの内容はこちらのサイトを確認してください。
The Price of Life - 自由に生きるために今考えるべきこと
ちなみにセミナーに参加したら、「The Price of Life 」の本がもらえました。
次回は2013年1月17日(木) 19:00-21:00(木曜)です。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-セミナー
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.