Excel(エクセル)活用術 Excelの基本機能

エクセルで何ページにもわたる縦や横に長い表を印刷時に、1ページに収める方法

投稿日:2012年6月7日 更新日:


情報量の多い書類の場合、印刷でページをまたいで変に切れたりはみ出したりしてしまうことありますよね。

スポンサーリンク

その時改ページプレビュー「表示(Alt + V)⇒(P)」でちょっとずつ印刷範囲を調整したりしてうまく中におさまるようにするのではなく、自動的に指定の枚数に収めてくれる方法があります。

このようなエクセルシートがあります。

この状態で印刷プレビューすると市区町村より右の部分がはみ出ます。

これを町城カナまで一発で収めるようにしたい。

1.「ファイル(Alt + F)⇒印刷プレビュー(V)」
2.ダイアログの「ページ」タブで「設定(Alt + S)」

3.拡大縮小印刷の「次のページ数に合わせて印刷(F)」

以上のように収めることができました。

何気ない機能ですが、覚えておくととても便利なものです。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-Excel(エクセル)活用術, Excelの基本機能
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 AllRights Reserved.