企業分析

「ゆりかもめの乗車値段が高い!」で思う運営方法と株主のこと

投稿日:2012年2月29日 更新日:

[`evernote` not found]


Yurikamome / Dick Thomas Johnson

先日ゆりかもめに乗りました。

ゆりかもめってなんであんなに乗車の値段が高いんですかね?
5駅目からもう300円台の値段設定。
東京メトロで始点から終点まで乗っても300円台の値段なんてならないはず。

ゆりかもめの運行は無人です。
前にも後ろにも運転手はいません。
それにホームにも駅員はいませんし、改札付近でも駅員を見かけません。
ネットで「ゆりかもめ 駅員」でググってみたところ、両端駅の新橋駅と豊洲駅以外駅員はいないみたいです。
とっても合理的な運営をしているんだなぁ。

またwikipediaの情報によると「案内軌条式鉄道としては数少ない黒字経営の路線となった」
黒字なんだぁ・・・

だった少し安くしてくれればいいのになぁ
まぁそんなに頻繁に使う線ではないので、レジャー感覚で使う線ではあるんですけど
会社側もそれを見越しての値段なんですかね

でもゆりかもめを運営している「東京臨海ホールディングス」は東京都が株式の85.12%を持っているのであれば、都として住民に還元する意味でもっと値段を安くしてくれればいいのに・・・

[`evernote` not found]

フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-企業分析

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 AllRights Reserved.