Excelグラフ作成 Excel(エクセル)活用術

Excelで単位が異なる値の混合するグラフを作成するなら2軸のグラフ

投稿日:2016年11月6日 更新日:


Excelでグラフを作成する人も多いでしょう。
「縦棒」
「折れ線」
「円」
「横棒」
「面」
「散布図」
「株価」
「等高線」
「ドーナツ」
「バブル」
「レーダー」
とたくさんのグラフ種類が用意されています。
gurafu001
一般的にもっとも使われるグラフは「縦棒」と「折れ線」の2つだと思います。
なぜ「縦棒」と「折れ線」がいいのか?
簡単にいうと見る人がわかりやすいからです。

2軸グラフ利用の勘所

2軸グラフを利用した方がいい場合というのは、値が複数ある場合で、かつその単位が異なる場合です。

例えば
「人数」と「率」といった単位が異なる場合
「何万人」と「数百人」といった具合に、人数という同じ単位でも差があり過ぎる場合

このような場合に利用します。

どのように違いが出るかを見てみましょう。

・2軸グラフを利用しない場合
image001

・2軸グラフを利用した場合
image002

左側が「人数」、右側が「率」といった感じに異なる単位のものが混じっていても、見やすい表が作成できます。
※最初のグラフでは入っていた「受験者数」は削除しています。

2軸のグラフ作成ステップ

グラフの元データは日商簿記1級の過去の受験者データを利用しています。
引用:日本商工会議所 受験者データより作成

2軸のグラフ作成練習シート

1.集計表の中の適当なセルを選択しておきます

2.「挿入」→「縦棒」から2D縦棒を選択します

表が作成されました。

3.表示するデータを絞ります

方法1:グラフを選択すると表示されるメニューから絞り込む
系列から「受験者数」のチェックを外す

方法2:「データの選択」から絞り込む
①「デザイン」→「データの選択」します

②データソースの選択のダイアログボックスが開きます。
方法A:凡例項目(系列)の「受験者数」のチェックボックスを外す
方法B:「受験者数」を選択した状態で「削除」をクリックする

受験者数が消えた表になりました。

4.「合格率」のデータを選択します

表をダブルクリックすると「グラフエリアの書式設定」が表示されますので、グラフのオプションから「系列”合格率”」を選択します。

5.使用する軸を「第2軸」にチェックを入れます

表題が「データ系列の書式設定」になっています。

右側のメモリが率になり、合格率が折れ線で表示されました。

まとめ

グラフ作成するときに、どのグラフを利用して作成すればいいのか迷います。
作成されたグラフが合っていないものだと、自分が伝えたいことが適切に表現できません。
グラフによって何を伝えたいのかを明確にしたうえで、色々とトライしてみるのがいいのかなと思います。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-Excelグラフ作成, Excel(エクセル)活用術
-, ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.