Google Analytics ブログ運営

アクセスアップの努力効果を測るために、現状のPVなどをさらしておく

投稿日:2016年10月26日 更新日:


目標を達成するためには、数値を掲げておかないと。
合わせて現状の数値も載せておきますかね。
数か月で10万PV行ったとかではなく、数年やってこの数字ですからさらすの恥ずかしいんですが。
でも「これから増す!」という精神のもと載せました。
これで増やせなかったらページ削除しようかな・・・

Googleアナリティクスで見るべき8つの数字

色々な施策をする場合はもっと見るべきメニューはありますが、目標設定するならこの8つがいいと思います。
2016/09/24~2016/10/24の数値

No  メニュー名 メニューの場所 16/10/25現在 17/03/31目標
セッション ①ユーザー→サマリー 23,950 55,250
ユーザー ①ユーザー→サマリー 21,444 41,437
ページビュー(PV) ①ユーザー→サマリー 33,976 100,000
ページ/セッション ①ユーザー→サマリー 1.42 1.81
平均セッション時間 ①ユーザー→サマリー 01:02 01:30
直帰率(%) ①ユーザー→サマリー 84.37 75.00
新規セッション率(%) ①ユーザー→サマリー 86.78 75.00
ソーシャル率(%) ②集客→すべてのトラフィック→チャネル 0.35 20.00

 

①ユーザー→サマリー
analytics-1

②集客→すべてのトラフィック→チャネル(Default Channel Grouping)
analytics-10

アナリティクス内用語の説明

セッション・・・サイトに訪問した回数
ユーザー・・・サイトに訪問した人数
ページビュー数・・・閲覧されたページ数

ちょっとわかりにくのが「セッション」と「ユーザー」の違い。
基本的には
「ユーザー」<「セッション」
の関係が成り立ちます。

「セッション」はサイトに訪問した回数です。
じゃあ同じ人が昨日と今日と2日間に訪れた場合はどうなるか?
「セッション」は2回となります。

ではその場合の「ユーザー」はどうなるでしょうか?
「ユーザー」は1回となります。
同じ人が何度もサイトに訪れた場合、「ユーザー」は増えませんが「セッション」は増えます。

つまりリピーター率が高ければ、「ユーザー」と「セッション」の差が大きくなります。

ページ/セッション
1回のセッションあたり何ページ見てくれたのかの数値です。
目的のページを見て閉じられてしまうと、1セッションで1ページとなりますので「1.00」になります。
1回のセッションでたくさんのページを見てもらうことができれば、ページビュー数を増やすことができるわけです。

平均セッション時間
1回のセッションあたりに滞在してもらえている時間です。
Googleの検索ランキング上位になる1つの要因として「滞在時間」があると言われています。
またセッション時間が長いということは、色々なページを見てくれている可能性が高いので、ページビュー数とも関係してきます。

直帰率
1回のセッションで目的のページだけ見て閉じられてしまうと、直帰率100%となります。
直帰率を下げには、他のページを見てもらう施策が必要となります。

新規セッション率
セッションしてくれた人が新規なのかリピーターなのかを測る数値です。
低いほどリピーターが多いということになります。

まとめ

約半年後のPVどうなっているでしょうか?
恥ずかしくない数値になっているようにがんばらないと。
ただ現状分析してわかったことは、いかにリピーターを増やすことが目標達成のポイントになるということです。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-Google Analytics, ブログ運営
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.