経理実務のメモ 経費の話

漫画喫茶の勘定科目は「雑費」か?宿泊施設ではありませんと但し書きを断られた話

投稿日:2016年10月11日 更新日:


そりゃそうです。
漫画喫茶は宿泊施設ではありません。

決算の時期は毎回1日くらい帰れない日があります。
いつもはカプセルホテルに泊まっていたのですが、今回は「漫画喫茶」を利用しました。

プライベートで終電を逃した時には結構利用しているのですが、会社の経費で利用するのは初めて。

お会計の時に領収書を依頼。
「但し書きは『施設利用代』でいいですか?」
と聞かれ、
「じゃあ『宿泊代』で」
と答えました。

それに対して
「すいません、うちは宿泊施設ではないので」
と言われました。

まあそうですね。
なので領収書は『施設利用代』でもらいました。

会社への精算は「宿泊費」で申請。
「漫画喫茶」をホテル代わりに使うのは、社会的に認知されていると思うので「宿泊費」として処理して問題ないかなと。

あと「漫画喫茶」の利用料は何の勘定科目で仕訳すればいいのか、ネットで調べてみました。
「雑費」では?というのが1番の多い回答ですかね。
会社員が資料作成のために利用したとか、個人事業主が仕事に集中するために事務所代わりに利用したとかですね。

「漫画喫茶」を経費できないという内容は見受けられませんでした。
会社員の場合は、承認する人が承認するかどうかですね。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-経理実務のメモ, 経費の話
-, , , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 AllRights Reserved.