経理を効率化するクラウドサービス 経理実務のメモ 買った物レビュー Scansnap

ScansnapのSansanモデルと通常モデルの3つの違い

投稿日:

[`evernote` not found]

Scansnapですでに45,000枚をスキャンしています。
廃棄した書類は40,000枚以上。
着々とオフィス書類の電子化を進めています。

Scansnapですが、他社とのコラボレーションに積極的です。
Sansanというクラウドの名刺管理サービス会社とコラボしたScansnapがでました。

スポンサーリンク

通常ScansnapとSansanモデルの違い

1.値段
2.Sansan名刺管理サービスの500枚の月額利用料無料
3.Wifiダイレクトモード
scansansan

1.値段

アマゾンでの値段比較
通常モデル・・・51,840円
Sansanモデル・・・59,400円

2.Sansan名刺管理サービスの500枚の月額利用料無料

通常であれば、
5,000枚 月額10,000円/社
10,000枚 月額18,000円/社

動画を貼り付ける

Sansan名刺管理サービスとは・・・
スキャンするだけで、クラウドの名刺データベースが構築されます。
社内の誰もが検索閲覧可能な名刺管理サービスです。

あの会社のあの人とつながる手段はないかなと思った時に、Sansanを検索すれば見つかるかもしれません。
人に紹介してもらう方がアポイントをとれる可能性が高いです。

またクラウドのシステムですので、社外でも簡単に検索することが可能です。

3.Wifiダイレクトモード

通常モデルではケーブルで接続か、Wifiルーターを経由して接続するかです。
Sansanモデルの場合、Sansanスマートフォンアプリであれば、Scansnapから直接スマホに直接スキャンデータを取り込むことができます。

まとめ

500枚って微妙な枚数ですね。
多そうですぐに超過してしまいそう。
でも月額料金がかからないので、最初の導入機器としておすすめです。

[`evernote` not found]

フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-経理を効率化するクラウドサービス, 経理実務のメモ, 買った物レビュー, Scansnap
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 AllRights Reserved.