ScanSnap 経費精算にfreee freeeの確定申告 クラウド確定申告 クラウド経費精算

freeeとScanSnapを連携させてレシートを自動仕訳した勘定科目の一致感をテストしてみた

投稿日:2016年3月3日 更新日:

[`evernote` not found]

「ScanSnap iX100」を買ったのが嬉しくて嬉しくてウキウキしてます。

「ScanSnap iX100」でスキャンしたデータを「ScanSnap Cloud」を利用して他の色々なクラウドサービスと連携させることができます。

どのような連携かというと、「ScanSnap」でスキャンしたデータを各クラウドサービスに自動的に送信してくれるというものです。

つまり、送信するごとに、これはレシートだからこっちの会計クラウドサービスにとか、名刺だからあの名刺管理クラウドサービスにといったことを自分で選択しなくてもいいのです。

snap-freee (7)
※PFUサイトより引用

いやーますます思考が低下しそう。

今回はその中でクラウド会計サービスの「freee」と連携させてみました。

「freee」は取り込んだレシートや領収書の内容をOCRで、自動で仕訳をしてくれる機能があります。
ちなみにOCRとは、簡単に説明すると手書きの文字や印字の文字を読み取って、文字データに変換する装置です。

つまり、レシートや領収書の文字を読み取って、日付や金額、勘定科目を自動的に入力してくれるわけです。

すごいです。
ほんと経理がいらなくなる日は近いと恐々します。

「freee」と「ScanSnap ix100」を 連携させてみた

「ScanSnap ix100」でスキャンしたデータは、「ScanSnap Cloud」を通じて「freee」の「ファイルボックス」へと送信されます。

1.freeeでスキャンしたデータを確認する
「取引」→「ファイルボックス」をクリックします。
snap-freee (1)

2.取り込まれたレシートを確認します。
snap-freee (2)

3.自動仕訳された結果
取引日と金額は適正に自動記入されました。
勘定科目は判断できなかったようです。
snap-freee (4)

取引日と金額は適正に自動記入されました。
勘定科目は判断できなかったようです。
snap-freee (5)

勘定科目含め、取引日、金額も記入されました。
snap-freee (6)

まとめ

他にも取り込んだレシートはありました。
日付と金額はほぼ記入されました。
勘定科目は「消耗品」が記入されているか、空の状態でした。

今回テストした件数は12件だったので、テストの件数としては少ないですね。
もっと試してみないと実際どうかは判定できないですね。

でも画像がある状態で勘定科目を自分で登録できるというのは、かなり便利です。

[`evernote` not found]

フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-ScanSnap, 経費精算にfreee, freeeの確定申告, クラウド確定申告, クラウド経費精算
-, , , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 AllRights Reserved.