個人事業主向け e-tax 確定申告

e-taxを個人番号(マイナンバー)カードで申告予定の人へ注意点

投稿日:2015年10月15日 更新日:

[`evernote` not found]

個人番号(マイナンバー)カードには、電子証明書が標準で搭載されていますので、これを使ってe-taxに利用することができます。

ただ注意しなければならない点があります。
それは確定申告の締め切り日までに個人番号(マイナンバー)カードが手に入るかです。
ニュースを見ていても、色々と遅れが生じているようですね。

確定申告の申告締め切りは例年3月15日です。
個人番号(マイナンバー)カードが受け取れるようになるのは、平成28年1月以降です。
ただすぐに受け取れるわけではありません。

myNo

個人番号(マイナンバー)カードを受け取るためのステップ

ステップ1:通知カード等が届く
住民票がある住所に簡易書留で「通知カード」が届きます。
合わせて「個人番号カード」の申請書と返信用封筒、説明書が届きます。

ステップ2:個人番号(マイナンバー)カードを申請する
①郵送で申請
個人番号カードの申請書にご本人の顔写真を貼り、返信用封筒に入れて郵便ポストへ
②オンラインで申請
スマートフォンで顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請

ステップ3:交付通知書が届く
個人番号カード交付申請後、お住まいの市区町村から交付通知書が送付されます。

ステップ4:個人番号カードを受け取る
平成28年1月以降、市町村の窓口で受け取れます。無料です。
その際に必要となるものが3つ。
①通知カード
②交付通知書
③運転免許証等の本人確認書類

この中で注意が必要なのが、②の「交付通知書」です。
これは個人番号カードが準備できたと知らせるものです。
つまり、これが手元に届かないと個人番号カードは取得できません。

個人番号カードができても住民基本台帳カードは使えます

住民基本台帳カードは個人番号カードが交付される際に返納します。
でも個人番号カードの準備ができたからといっても、住民基本台帳カードは使えなくなることはありません。
住民基本台帳カードは、カードの有効期限内であれば利用可能です。
ですので、e-taxで使う時には必ずどちらかは使えますので、心配しなくて大丈夫です。

まとめ

マイナンバーカードがe-taxに使えると知って電話で問い合わせてみたところ、3月15日までに必ず受け取れる約束はできないと言われました。
どれくらいで受け取れるかは、市区町村によって異なるそうです。
個人番号カードで確定申告を考えている人は注意しましょう。

[`evernote` not found]

フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-個人事業主向け, e-tax, 確定申告
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 AllRights Reserved.