Excel(エクセル)活用術 Excelのピボットテーブル Excelショートカットキー Excelメニュー

Excelの印刷設定。1ページに収める・タイトルを全ページに表示

投稿日:2015年10月1日 更新日:


Excelピボットテーブルとショートカットキーを効率的に学ぶ講座③
これまでの内容
講座①
・ピボットテーブルの作成方法
・ピボットテーブルのデータのルール
講座②
・千円単位の表示の設定
・ピボットテーブルのグループ化
・ピボットテーブルのフィールドの展開/折りたたみ
・ピボットテーブルの比率の計算
・ピボットテーブルのフィルター機能
・ピボットテーブルの条件付き書式
・ウィンドウ枠の固定
・ショートカットキーでの操作

前の記事
ピボットテーブルで活用したい5つの機能。グループ化、フィルター他

※この記事からスタートの場合、Pivotサンプルデータ03をダウンロ-ドして、シート「Sheet1」から初めてください。

ここでやる内容
講座③
・全てを1ページに収めて印刷
・全ページにタイトルを表示して印刷

4.1ページに収めて印刷、全ページにタイトルを表示して印刷する設定を行う

①全てを1ページに印刷する設定を行う
このまま印刷したのでは、表が分割され見にくい表になってしまいます。
簡単に1ページに収める方法を知っておきましょう。

「表示(Alt + W)」→「ページレイアウト(P)」で表示すると4ページに分かれているのがわかります。

「印刷(Ctrl + P)」→「印刷(Alt + P)」→「拡大縮小なし(S)」

「シートを1ページに印刷」を選択します。

右側のプレビュー画面で1ページに収まっているのがわかります。

その他にも「すべての列を1ページに印刷」「すべての行を1ページに印刷」などの印刷設定があります。

②印刷した時のすべてのページに行タイトルを表示して印刷する

ピボットテーブルの表記方法を以下のように変更してください。

「印刷(Ctrl + P)」→「印刷(Ctrl + P)」→「シートを1ページに印刷」を「拡大縮小なし」を選択します。

ただこの状態では、2ページ目以降の先頭行はデータから始まってしまうので、それぞれのデータが何を意味するか不明になります。

下部のページスライドで1ページ目と2ページ目を確認してください。(Tabキーで移動してください)

1ページ目

2ページ目

すべてのページに行ラベルを表示させるように設定します。

「ページレイアウト(Alt + P)」→「印刷タイトル(I)」

「シート」の「印刷タイトル」の「タイトル行」右端のセル選択ボタンをクリックします。(マウスを使ってください)

⇒アイコンが表示されますので、行ラベルにしたい行(今回は4,5行目)を選択します。
選択するとダイアログボックスに選択した行が挿入されます。

右端のボタンを押すとページ設定のダイヤログボックスが開きます。

「印刷プレビュー(Alt + W)」で印刷画面を開きます。

下部のページスライドで2ページ目を確認してください。
2ページ目にも「年度情報」「月度情報」が表示されました。

次へ→フィルターや置換機能でピボットテーブルのデータを修正する手順


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-Excel(エクセル)活用術, Excelのピボットテーブル, Excelショートカットキー, Excelメニュー
-, , , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 AllRights Reserved.