経理を効率化するクラウドサービス

請求・消込・催促を自動化する『経理のミカタ』はクラウド会計とも連携可能

投稿日:2015年7月2日 更新日:


『経理のミカタ』というサービスがちょっと気になります。

「請求・消込・催促の作業を全て自動化し、請求管理業務に必要な様々なファイルやシステムの管理画面を、1つの画面でまとめて操作できる業界初のサービス」
とうたっています。

私の特にいいなと思った点

私の会社の場合、請求と催促は各担当者が行っていますが、消込の作業は経理で行っています。

消込作業はけっこう面倒です。
消込作業自体はそれほど面倒ではないのですが、イレギュラーが面倒なのです。

請求書には入金予定日を入れて発行しているわけですが、たまに入金予定金額と実際の入金金額に差異が生じることがあります。

その場合、先方の支払漏れなのか、入金予定日の誤りなのか確認します。
もし得意先の支払漏れであれば、担当者に確認してもらいますし、入金予定日の間違いであれば、こちらのミスなのでデータを変更します。

ただこの処理は目視なので、万が一入金されているのに見落として、得意先に問い合わせしてしまったら問題です。

かく言う私もやってしまったことがあり、得意先と担当者に迷惑をかけたことがあります。

というこものあり、もし合わないということがあっても、何度も確認した上で担当者に確認をお願いするようにしています。

この作業が自動で行ってくれるなら、こんな便利なことはありませんね。

と私が『経理のミカタ』を見て便利だなーと思って機能です。
この機能を利用する場合は、経理のミカタが用意する決裁を利用する必要があります。
まぁそらそうですわな。

経理のミカタのアピールポイント

『経理のミカタ』解決できるのはこのようなことと紹介されていますので、以下のような無駄な作業が発生していると実感されている方は一度検討されてみてはいかがでしょうか?

・毎月の請求処理で同じ作業を無駄に繰り返している
・大量のエクセルデータや複数のシステムで業務が煩雑
・複数の請求手段に分かれ集金状況が1つに管理できない
・目視での入金確認・消込作業未収金の催促で煩雑
・請求漏れ・誤請求など人的ミスでの損失やクレーム

作業フロー図はこんな感じです。

導入前と導入後のイメージはこんな感じです。

あとクラウドサービスならではの、「MFクラウド会計」など他社サービスに「経理のミカタ」から出力したCSVをインポートして仕訳を行う事も可能です。今夏には「A-SaaS」ともサービスが開始されます。

まとめ

これらの作業をシステムが自動的にやってしまうのでは、経理の存在が脅かされそうです。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-経理を効率化するクラウドサービス
-, , , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2017 AllRights Reserved.