Fintech(フィンテック) クラウド経費精算 経費精算にStreamed

路線検索機能付きの交通費精算サービス「Streamed」の使い勝手

投稿日:2014年11月22日 更新日:


クラウド会計系で不満なのが、交通費精算です。
路線検索機能が付いていて、検索した結果をそのまま仕訳になればいいのですが、そこまでの機能はどのクラウド会計にもないようです。

そこで「Streamed」を使ってみました。
「Streamed」は駅すぱあとが提供する乗換案内「Roote」と連携した検索エンジンで、正確な交通費を記録できます。
また、よく行く訪問先の交通費は、コピーして日付を変えるだけなので、交通費精算のためのストレスを劇的に減らすことができます。

駅すぱあとの乗換案内が使えるなんてすごい!

ということで実際に操作をしてみました。
とりあえずフリープランで申込み。

スポンサーリンク

「Streamed」の作業

1.トップ画面のところに「交通費登録」を選択します
image001

2.交通費の入力画面はこんな感じです
image003

3.日付に合わせると自動的にカレンダーが出てきます
image005

4.「出発」と「到着」を入力して「検索」をクリック
image007
路線検索されたウィンドウが出てきました。
画面を見ながら金額を手入力する仕様のようですね。

5.往復ボタンをクリック
image009
金額が倍になりました。

結論

路線検索した結果をクリックひとつで、挿入されるのかと思ったら、手入力するんですね。
それができれば最高でした。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-Fintech(フィンテック), クラウド経費精算, 経費精算にStreamed
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.