Fintech(フィンテック) MFクラウド会計 MFクラウド確定申告 misoca クラウド会計 クラウド確定申告 クラウド請求書

MFクラウド会計とmisocaを連携させて売上計上する方法

投稿日:2014年11月20日 更新日:


MFクラウド会計とMisocaを連携させてみます。

「Misoca」とは

「Misoca」はweb上で見積書や請求書を作成できるサービスです。
1件1件作成するのはもちろん、CSVを取り込むことで一括で書類を作成できたり、定期請求については自動で処理してくれる機能もあります。
他社の会計クラウドサービスと連携する事が可能です。

「MFクラウド会計」とは

1.金融機関データの自動取得により手作業を大幅に削減
2.面倒な仕訳作業が簡単に。請求書の作成や自動消込が可能に
3.経営サポート機能が充実。レポートや決算・申告書類を簡単に作成
4.いつでもどこでもご利用可能。勿論Macにも対応

マネーフォワードのQ&Aサイトから引用

MFクラウド会計と連携すると何ができるのか?

売上計上のためのデータをMFクラウド会計に取り込んでくれます。
その取り込んだデータを登録処理すれば、売上の仕訳をすることができます。

試してみました。

「MFクラウド会計」の作業

1.金融機関登録をクリック。
image001

2.ビジネスから「misoca」をクリック。
image003

3.「misocaと連携する」をクリック。
image005

4.「misoca」にログインします。
image007

5.アカウントを利用することを許可します。
image009

6.「misoca」が登録されました。
image011

7.トップ画面の左側にmisocaが登録されました。
image013
※misocaで請求済にflagが変更されていなければ、件数は未確定0件になっています。

「misoca」の作業

1.請求書の作成をします。
image015
image017

※「保存する」で請求書完成です。
image019

2.請求書作成済みのリスト表示されています。
image021
※ステータスが未請求では、MFクラウド会計には反映されません。

3.ステータスを「請求済」にします。
image023

「MFクラウド会計」の作業

1.「misoca」の請求データが反映されました。
image025
※未請求だと反映されません。もしくは再取得する必要があります。

2.データを仕訳として取り込む前の画面
image027

3.仕訳が完成しました。
image029

結論

非常に便利!
Misocaの方でステータスが未請求のままだと反映されないというのもいいですね。
未請求のものは未確定だから反映されたら困るわけです。
請求行為を行う者と会計処理を行う者を分けることになるので、会社の運用上も考えられていると思います。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-Fintech(フィンテック), MFクラウド会計, MFクラウド確定申告, misoca, クラウド会計, クラウド確定申告, クラウド請求書
-, , , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.