Fintech(フィンテック) MFクラウド会計 MFクラウド確定申告 クラウド会計 クラウド確定申告 クラウド経費精算 経費精算にStreamed

Streamedの交通費精算データをMFクラウド会計に反映させる

投稿日:2014年11月19日 更新日:


Streamedで行った交通費精算のデータをMFクラウド会計にCSVで取り込んでみます。

クラウド会計系で不満なのが、交通費精算です。
モバイルSuicaの場合、連携させることでデータを読み込んでくれますが、ICカードの場合は取り込んでくれません。
その場合手入力するしかありません。
使った交通機関を後から路線検索で値段を調べたり、カードリーダーのPasoriやNFC付きのスマホで利用履歴を確認したりする必要があります。

仕訳する時にそこまでしてくれるとありがたいですけど、そこまでの機能はどのクラウド会計にもないようです。

そこで「Streamed」を使ってみました。
「Streamed」は駅すぱあとが提供する乗換案内「Roote」と連携した検索エンジンで、正確な交通費を記録できます。
また、よく行く訪問先の交通費は、コピーして日付を変えるだけなので、交通費精算のためのストレスを劇的に減らすことができます。

有料プランだと自動でMFクラウド用に変換してくれるメニューが利用できますが、フリープランではそれがありません。

ただフリープランでも精算データをCSVで吐き出せる機能はあるので、これを使ってできるか試してみます。

Streamedのページへ

Streamedでの処理

1.左側の「レポート」という機能をクリック。

image001

2.新規レポート作成をクリック
image003

3.必要事項を入れて「レポート送信」をクリック。
宛先のところはメールアドレスを登録していると自動的に挿入されます。
image005

※ちなみに「レポート送信」されるデータは、まだレポートされていない経費が自動的に初期選択されます。
image007

4.メールが送信されてきます。
image009

5.添付されているCSVをダウンロードします。
image011

MFクラウド会計の作業

1.「入力・仕訳」から「ファイルの入出力」をクリック。
image013

2.「インポート」タブを選択し、「入出金データをインポートする」をクリック。
image015

3.カテゴリを選択し、名称を選択します。ない場合は新規追加をします。
選択が決まったらアップロードするファイルを選択します。
image017

4.ダイアログボックスが開くので、インポートするデータを選択して「開く」
image019

5.データが反映されました。
image021

6.1行目に項目の設定を行い、「確認」をクリックします。
image023

7.「保存」をクリック。
image025

8.トップ画面の左側に「Steamed」が追加されているので、「未確定」クリックします。
image027

9.「勘定科目」や「タグ」を設定して登録します。
image029

10.仕訳がきれました。
image031

フリープランのCSVだとちょっとめんどくさいですね。
有料プランで自動的にMFクラウド会計用のデータを作成してくれるメニューを利用する方がよさそうです。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-Fintech(フィンテック), MFクラウド会計, MFクラウド確定申告, クラウド会計, クラウド確定申告, クラウド経費精算, 経費精算にStreamed
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.