misoca クラウド請求書

クラウド型の請求書作成webサービスの比較

投稿日:2014年5月27日 更新日:


会社のコスト削減のために、クラウド型の請求書webサービスを調べてみたら面白くなったので、サービス比較をしてみました。

クラウド請求書にする事によるメリット

・メール送信なので、送料がコストダウンできる
・エクセルがなくても作成できる
・ネットにつながればどこでも作成可能
・請求書を作成すると同時に請求管理ができる(請求漏れがなくなる)
・作成したらボタン1つでメール送信(送付管理にもなる)
・入金管理ができる(請求管理データのflagを変更)
・郵送代行サービス(有料)が利用できる
・CSVをインポート・エクスポートで応用利用できる(会計ソフトへの取込とか)

主観的なおすすめ

1番良いと思うのは「misoca」
理由は多機能でなおかつシンプルだから。
料金体系もシンプルです。
ユーザー数やクライアント数の制限がないのがいい。


2番目にいいのは「Zoho」
ちょっと多機能で戸惑う部分も多いですが、他にはない使える機能があるので。

簡単な比較表

 misoca MakeLeaps Zoho RaQool
郵送代行  180  199 $1.50  210
FAX代行  60  × × ×
メール送信  0 0  0  0
初期費用  0  0 0 0
※利用ユーザー数  無制限 1  1  無制限
※クライアント数  無制限 5  5  5
スマホ/タブレット対応  ○
CSV一括作成 △(有料プラン) ?(エラーになる) ×(予定あり)
電話サポート × △(英語) ×
作成可能書類 見積書 見積書 見積書 見積書
納品書 納品書
請求書 請求書 請求書 請求書

※有料になると増える

色々触ってみての感想

Zoho

・メールに明細など添付して送れるのがいい。
私の会社は色々な業種があり、業種ごとで必要な明細テンプレートが異なる。請求書の表紙テンプレートは統一できても、明細の統一化は難しいのでこれはうれしい
・商品のマスター登録ができるので、商品販売をしている会社はいい。
・メールテンプレートが色々あるのはいい。
請求番号や請求金額などを自動的に盛り込んでくれる。
・多機能すぎて混乱する
売上管理や仕入管理、経費管理など一括管理したい人には向いているかもしれないが、利用方法が複雑になるので使い勝手はあまりよくない。
・入金消込が他に比べて手間
・説明が英語
Zoho

MakeLeaps

・ユーザーインターフェースはよい。
・ユーザー数やクライアント数での料金プランがありすぎて迷う。

・電話サポートがある。

・カスタムプランがあるので、柔軟に対応が期待できそう。

MakeLeaps

RaQool

以前作成した書類をコピーして作成できないのが残念
料金体系はシンプル

全てのサービスは無料お試しプランがあるので、試してみるといいですよ。

RaQool

Misoca

・ユーザーインターフェースが一番すぐれているように思う
・迷わない操作性のシンプルさを持ちながら、使える色々な機能を抑えている。
・料金プランも他サービスと違いユーザー数やクライアント数で制限されず無料で利用できる。
・郵送代行も他に比べて安い。
・CSVデータを一括アップロードで大量の請求書を作成できるのは便利。
・請求書を自動定期的に作成できる機能も便利。

Misoca


※クラウド会計のマネーフォワードが開始した「MFクラウド請求書(β版)」も期待できますが、まだβ版で不明な部分が多いので比較しませんでした。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-misoca, クラウド請求書
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.