簿記3級練習問題

簿記3級試験 想定練習問題①『精算表』

投稿日:2014年1月19日 更新日:


会社で簿記を教えているのですが、その講座のために作成した問題です。
簿記3級の問5で出題される「精算表」の想定問題その①です。
腕試しに利用してみてください。

問題・解答用紙・解答のPDFはこちら⇒blog_compose

こんな問題です。

スポンサーリンク

問題

精算表を完成させなさい。
平成10年04月01日から平成11年03月31日までの1年間とする。

①期末商品棚卸高は3,500円である。売上原価の計算は、仕入の行で行う。

②現金過不足は100円が受取手数料の記入漏れであり、残額は不明であった。

③受取手形および売掛金の期末残高に対して、差額補充法により2%の貸倒引当金を設定する。

④売買目的有価証券の期末評価額は1,800円である。

⑤建物および備品に対して定額法により減価償却を行う。
耐用年数 建物:40年 備品:10年
なお残存価額は建物、備品とともに取得原価の10%とする。
⑥保険料は平成10年12月01日に向こう1年分を支払ったものである。

⑦支払家賃は、平成11年3月16日に当月15日分の100円と来月分の210円を支払ったものである。

⑧受取利息の前受額は200円である。

⑨支払利息は借入金に対して年利率2%を平成10年9月30日に1年間前払いした金額である。

⑩仮払金のうち100円は通信費、残額は広告宣伝費の支払いにかかわるものである事が判明した。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-簿記3級練習問題
-, , , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.