簿記3級練習問題

簿記3級練習問題:商品券と他店商品券

投稿日:2013年1月8日 更新日:


練習問題

問1:商品券300円を販売し、代金は現金で受け取った。

問2:商品400円を販売し、代金は当店発行の商品券を受け取った。

問3:商品500円を販売し、A商店発行の商品券を受け取った。

問4:商品300円を販売し、B商店発行の商品券400円を受け取り、おつりを現金で支払った。

問5:商品券の精算をし、当店が保有しているB商店発行の商品券400円と、B商店が保有している当店発行の商品券300円とを交換し、差額は現金で受け取った。

解答解説

問1

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

現金

300

商品券

300

当店発行の商品券を販売したときは、商品券(負債)で処理します。

将来商品やサービスを提供する義務が発生するので、負債。

この時点で売上(収益)は発生しません。

問2

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

商品券

400

売上

400

商品を実際に販売したときに売上の仕訳。

受け取った商品券の金額だけ商品券が減少。

商品を提供する義務が果たしたので、負債が減少。

問3

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

他店商品券

500

売上

500

商品を販売し、他店発行の商品券を受け取ったときは、あとでその分を他店(商品券を発行した店)に請求することができるので、資産で仕訳。

問4

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

他店商品券

400

売上

300

 

 

現金

100

他店商品券を受け取ったら資産で仕訳。

問5

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

商品券

300

他店商品券

400

現金

100

 

 

商品券の交換により、他店商品券が減少するとともに商品券も減少する。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-簿記3級練習問題

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.