簿記3級練習問題

簿記3級練習問題:仮払金と仮受金

投稿日:2013年1月8日 更新日:


練習問題

以下の一連の取引を仕訳しなさい

問1:従業員の出張にさいし、旅費の概算払額500円を現金で渡した。

問2:従業員が出張から戻り、旅費を清算し、残額100円を現金で受け取った。

以下の一連の取引を仕訳しなさい

問3:出張中の社員から現金200円の送金があったが内容は不明であった。

問4:上記の送金は、得意先からの売掛金の回収額であることが判明した。

解答解説

問1

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

仮払金

500

現金

500

旅費金額が確定するまでは概算払額を仮払金(資産)で仕訳。

利用されずに返金される場合もあるので、資産と覚える。

問2

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目  -

貸方金額 -

現金

100

仮払金

500

旅費交通費

400

 

 

仮払金の利用内容が確定した分を振替ます。

今回の場合、旅費交通費(費用)に振り替え。

残った金額は現金で仕訳。

問3

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

現金

200

仮受金

200

受け取った現金の内容が不明な時は、仮受金(負債)で処理しておきます。

誤入金の場合、返金しなければならない場合もあるので、負債と覚える。

問4

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

仮受金

200

売掛金

200

仮受金の内容が判明したときは、適切な勘定科目に振り替えます。

 


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-簿記3級練習問題
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.