簿記3級練習問題

簿記3級練習問題:前払金と前受金

投稿日:2013年1月8日 更新日:


練習問題

以下の一連の取引を仕訳しなさい。

問1:A商店に商品400円を注文し、手付金100円を現金で支払った。

問2:A商店から商品400円を仕入れ、手付金100円を差し引いて残額は掛けとした。

以下の一連の取引を仕訳しなさい。

問3:B商店より商品500円の注文を受け、手付金として200円を現金で受け取った。

問4:B商店に商品500円を売り上げ、手付金200円を差し引いて残額のうち100円は同店振出の小切手で回収し、残額は掛けとした。

解答解説

問1

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

前払金

100

現金

100

注文した段階では、仕入の仕訳はおきません。

手付金を支払ったときに、後に商品を受け取れる権利を前払金(資産)で仕訳。

問2

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

仕入

400

前払金

100

 

 

買掛金

300

以前に前払金を払っている注文の商品を仕入れた時に、仕入の仕訳がおきます。

相手勘定は前払金の減少と掛け仕入なので、買掛金で仕訳。

問3

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

現金

200

前受金

200

注文を受けた段階では、売上の仕訳はおきません。

手付金を受け取ったときに、後に商品を渡す義務が生じるので、前受金(負債)で仕訳。

問4

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

前受金

200

売上

500

現金

100

 

 

売掛金

200

 

 

以前に前受金を受け取っている商品を売り上げた時に、売上の仕訳がおきます。

相手勘定は前受金の減少と、同店(B社)振出の小切手を受け取ったので現金の増加、掛け売上の売掛金の増加で仕訳。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-簿記3級練習問題

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.