簿記3級練習問題

簿記3級練習問題:売上と売上に関係する仕訳

投稿日:2013年1月8日 更新日:


練習問題

問1:商品100円を売り上げ、代金は現金で受け取った。

問2:商品120円を売り上げ、代金は掛けとした。

問3:売掛金120円を現金で回収した。

問4:掛けで売り上げた商品のうち、60円分が品違いにより返品された。

問5:掛けで売り上げた商品に汚れがあったため、40円の値引きに応じた。

問6:商品400円を掛けで売り上げ、当店負担の運賃20円は現金で支払った。

問7:商品600円を掛けで売り上げた。その際、先方負担の運賃・保険料50円を現金で支払ってた。立替金勘定を用いない方法で処理している。

解答解説

問1

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

現金

100

売上

100

三分法の場合、商品を売り上げたときは、売上(収益)で処理します。

問2

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

売掛金

120

売上

120

掛けで売り上げたときの掛け代金は、売掛金(資産)で処理します。

問3

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

現金

120

売掛金

120

売掛金を回収しているので、売掛金の減少で処理します。

問4

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

売上

60

売掛金

60

返品を受けた場合、将来金銭を受け取れる権利である売掛金が減少する逆仕訳を行う。

問5

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

売上

40

売掛金

40

値引きを受けた場合も、問4と同じ逆仕訳を行う。

問6

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

売掛金

400

売上

400

発送費

20

現金

20

当店が負担する販売諸掛り(運賃など)は発送費(費用)で処理します。

売上が収益に対して、発送費は費用なので、仕入のように売上に含める事はできません。

問7

借方科目 -

借方金額 -

貸方科目 -

貸方金額 -

売掛金

650

売上

600

 

 

現金

50

先方が負担する販売諸掛りは立替金(資産)または売掛金(資産)で処理します。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-簿記3級練習問題
-, ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.