簿記3級練習問題

簿記3級練習問題:当座借越

投稿日:2013年1月8日 更新日:


練習問題

下記の取引について、一勘定制と二勘定制で仕訳をしなさい。

問1:A商店より商品300円を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。
なお、当座預金勘定の残高は200円であり、借越限度額300円の当座借越契約を結んでいる。

問2:現金200円を当座預金口座に預け入れた。

解答解説

一勘定制

問1

借方科目

借方金額

貸方科目 

貸方金額

仕入

300

当座

300

問2

借方科目

借方金額

貸方科目

貸方金額

当座

200

現金

200

一勘定制の場合、当座預金の増減はすべて「当座」で処理します。

二勘定制

問1

借方科目

借方金額

貸方科目

貸方金額

仕入

300

当座預金

200

 

 

当座借越

100

問2

借方科目

借方金額

貸方科目

貸方金額

当座借越

100

現金

200

当座預金

100

 

 

二勘定制の場合、当座預金残高が0円になるまで、当座預金の減少で処理し、それを超える金額を当座借越(負債)で処理します。

当座借越がある場合、当座預金に入金をした時は、まず当座借越を減少させ、それを超える金額は当座預金の増加で処理します。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-簿記3級練習問題
-, ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.