マネーフォワードの確定申告 個人事業主向け 副業の確定申告 確定申告

簿記の知識がなくてもワンクリックで仕訳ができる!「MFクラウド確定申告」を使ってみました

投稿日:2013年12月17日 更新日:


「MFクラウド確定申告」とは? マネーフォワード For BUSINESSは確定申告・法人決算を簡単で楽なものにする、新時代のクラウド型経営サポートツールです。 個人の確定申告と、中小企業の法人決算・経営サポートツールとして、金融機関のデータを自動取得し、仕訳も自動で実行します。会計・経理業務の手間をなくし、個人や企業が、本当に得意なことに打ち込む時間を増やすことをゴールとしています

これは便利です。
まず簿記の知識がなくても大丈夫。

確定申告の書類を作成するのには仕訳の知識が必要です。
でも「MFクラウド確定申告」を使えばなくても作成できます。

仕訳の方法は2つ
①自動取り込みした金融機関のデータ利用して仕訳
②手入力で仕訳

どちらも簡単です。

①の場合は、勘定科目を選択して、登録ボタンを押すだけ。
最少の操作では、ワンクリックで仕訳ができます。

image004
日付、金額、摘要はすでに入力されてます。
ただ必要な場合は摘要の修正と、タグをつけることも可能。
タグをつけてやることで、タグごとで集計や分析をする事が可能です。

②の場合は、①より処理は多いですが、手順通り入力していけば困ることはないです。
image005
この時必要な知識があります。
それらの収入や支出が費目分類で何に該当するかを判別する簿記の知識です。

例えば・・・
携帯利用料であれば通信費
切手代も通信費
電車代であれば、旅費交通費

これらはわかりやすいですけど、中には迷うものもあります。
例えばホームページのためにレンタルサーバーを借りた場合、これも通信費で処理します。

でもちょっと迷いますね。
でもこれらもネットでちょっと調べればすぐにわかりますので、簿記の知識がなくても時間はかかりますが、問題なく処理できます。
あとは入力していくうちに慣れるでしょう。

2014年1月末まで無料で利用できるので、自分に合うかどうか試せるがいいですね。


マネーフォワードが利用時の全体的な流れはこんな感じと紹介しています。

最初:事業所と自動取得を行う金融機関、開始残高等の設定
1.自動取得したデータの仕訳や、取引の手入力を行います。また、請求書や給与等の情報を入れることで、お金の流れを一元的にまとめます。
2.手元のデータの整理が終わると、レポート機能や帳簿としてご利用頂くことが可能になります。
3.最終的に帳簿のデータを用いて、決算書や税務申告を行うことができるようになります。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-マネーフォワードの確定申告, 個人事業主向け, 副業の確定申告, 確定申告
-, , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.