簿記3級

決算整理仕訳の行う理由

投稿日:2013年10月20日 更新日:


会社は決められた期間で区切って集計し財務諸表を作成します。
決算整理仕訳では、財務諸表を作成する前段階で、必要な仕訳をします。

スポンサーリンク


簿記3級で行う主な決算整理仕訳
・現金過不足の処理
・貸倒引当金の設定
・減価償却費の計算
・消耗品の処理
・有価証券の評価替え
・引出金の処理
・売上原価の算定
・費用と収益の繰り延べ
・費用と収益の見越し

これらの仕訳は下記の図解の④精算表で行う決算処理です。

ichijunz2

なぜ決算整理仕訳をするのか?
理由は色々あります。
1、期中に(仮)仕訳したものを精算するため
2、決められた時点(決算)において計算する費用のため
3、期間の収益や費用に対応する分の処理をするため

これらの処理をすることにより、期末における会社の財政状態や経営成績を正しく反映させることができます。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-簿記3級
-, ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.