windows裏技

Internet Explorerを10から9へ戻す方法

投稿日:2013年6月26日 更新日:


会社ではX-pointというワークフローのシステムを使っています。
このシステムがInternet Explorer10(以下IE10)に対応していない。
X-point2がリリースされたので、X-pointはそれらの対応はしないとの事。

困った事に色々なところに不具合が出てきた。
・線が太くなる
・参照マスタが参照できない。
など

ブラウザってかなりの影響を与えるんですよね。
まぁIE9でも、マニュアルに書いてある設定ができたりできなかったりと色々あるのですけども。

解決法としては、『Internet Explorerを10から9へ戻す』
という事なので、その方法をメモ書き
ちなみにIEのバージョンを調べるには
IEを開いて右上のナットの形のアイコンをクリック。
一番下にある「バージョン情報」をクリック。
IE10-01 IE10-02

手順

1.コントロールパネル開く
2.「プログラムと機能」をクリック
3.「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリック
4.Internet Explorer10のチェックボックスをはずす
5.再起動が求められますが、「後ほど更新」を選択
2.「プログラムと機能」をクリック
7.「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック
8.Microsoft Windows内の「Windows Internet Explorer10」をダブルクリック
9.アンインストールをクリック
10.再起動を選択
11.IE9に戻っている事を確認

キャプチャー付手順

1.コントロールパネル開く。
2.「プログラムと機能」をクリック
IE10-03

3.「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリック
IE10-04

4.Internet Explorer10のチェックボックスをはずす
IE10-05

以下のメッセージが流れます。
IE10-06

5.再起動が求められますが、「後ほど更新」を選択。
※IE10がIE9に戻っています。
IE10-10

6.「プログラムと機能」をクリック
IE10-03

7.「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック
IE10-07
8.Microsoft Windows内の「Windows Internet Explorer10」をダブルクリック。
IE10-08

9.アンインストールをクリック
IE10-09

10.再起動を選択
11.IE9に戻っている事を確認。
IE10-11

ブラウザが理由で発生する障害ってけっこう面倒です。
ブラウザもIE一強ではないですから。
競争が起きてくれるという意味では、色々とあった方がいいんですけど、こういう事があると1つの方がいいなと思います。


フォローしていただけると嬉しいです

follow us in feedly Twitterボタン

-windows裏技
-, , , ,

Copyright© 経理と事務の効率化 , 2016 AllRights Reserved.